シーメンスヘルスケア(株)、医用情報のビッグデータを扱うクラウドサービス「teamplay」の販売を開始 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

シーメンスヘルスケア(株)、医用情報のビッグデータを扱うクラウドサービス「teamplay」の販売を開始

2016.04.12

・ワンクリックで施設の線量情報管理や装置の利用状況を分析可能
・直感的な操作で多くの情報に簡単にアクセスでき、病院経営の最適化をサポート
・マルチベンダーに対応したネットワークシステム
・堅牢なセキュリティ技術を搭載した、Microsoft AzureTM *1を採用

シーメンスヘルスケア(株)(以下シーメンス)は、世界中で導入されているシーメンスの画像診断装置から得られる情報のビッグデータを基に、医療施設の業務効率改善に貢献する情報を提供するクラウドサービス「teamplay(チームプレイ)」の販売を4月より開始する。医療環境が変動する中、今後ますます戦略的な病院経営が求められており、その方向性を判断するためには様々な情報を包括的に分析し把握することが必要となる。teamplayは、全世界から収集される医用情報を基に、分析結果などのフィードバックを行うことで、医療施設のさらなる改善や取り組みをサポートする。

■teamplayの特長

・線量情報管理
装置、検査部位ごと等の線量情報をワンクリックでリアルタイムにモニタリングすることができる。また、これまでの線量管理ソフトでは自施設のデータ管理に限られていたが、teamplayはそれに加えて、目標値との比較分析を始め、ビッグデータの解析による自施設の線量と地域の他施設の目標値との比較や、国のガイドラインとの比較検討なども簡単な操作で可視化することが可能。線量の目標値を超過した検査の分析を容易に行えるため、明確な改善を検討することができる。

・利用状況分析
これまでの検査管理はRIS(放射線情報端末)や手書きの台帳を使用し、検査数の統計や画像診断装置種別情報などに限られていた。teamplayでは、撮影した画像情報から自動的に装置や業務フローのパフォーマンス状況をモニタリングすることができる。期間や時間当たりの検査数などの基本統計情報に加え、装置や検査部位、操作者ごとの検査数や検査間隔時間等をリアルタイムに表示可能なため、利用状況を客観的に把握することができる。また、ビッグデータの活用により、エリアや規模、機能などが同じ施設との検査数や検査内容などの比較が可能となる。検査ワークフローを数値で評価することによって、これまで頻繁に行うことが難しかった運用効率の見直しにも役立つ。

・プロトコル管理 *2
放射線の線量情報の結果から画質と被ばくのバランスを考慮し、プロトコルの見直しを行うことが可能。 また、施設にとって有用と認められたプロトコルを、リモートで全ての装置に適用することができる。操作者の経験による検査のばらつきを抑え、施設内の検査の標準化を実現。将来的に、ビッグデータを活用し施設に最適なプロトコルの提案などが行えるよう開発を進めていく。

■安心、安全なデータ管理を実現

・患者のパーソナルデータの取り扱い
さまざまな分析ができる価値ある医用画像は、同時に多くの個人情報が含まれている。他のIT情報などと比べ医用画像の活用が遅れている背景には、個人情報をネットワーク上で扱うリスクが問われてきた。teamplayは、個人を特定する情報は削除、または変換し、データのプライバシーを保護する機能を有し、分析に不要な個人情報の利用レベルをコントロールすることができる。また、HIPAA*3などのグローバルなデータプライバシーに関する規制に準拠している。

・多層防御による安全性を担保
医療機関向け3省4ガイドライン*4にも適応可能なクラウド環境であるMicrosoft AzureTMを採用しており、最新のセキュリティ技術でセキュリティ侵害や悪意のあるアクセスからデータを安全に保護することができる。teamplayにアップロードされたデータは暗号化され秘匿性は保たれる。今後、情報通信技術(ICT)の活用が必須となる医療業界において、高度にセキュアなシステムを使うことで、安心してteamplayを導入いただくことができる。

本サービスに関する情報は、シーメンスヘルスケア ホームページの製品紹介ページをご覧いただきたい。
URL:http://www.healthcare.siemens.co.jp/medical-imaging-it/teamplay/teamplay

シーメンスは、2016 年 4月15日(金)~17日(日)にパシフィコ横浜で開催される「ITEM2016(国際医用画像総合展)」にて、「teamplay」を含む数多くの新製品を出展する。展示会へご来場の際には、ぜひシーメンス展示ブースへお立ち寄りいただきたい。
ITEM2016 シーメンス展示情報ページ URL: www.siemens.co.jp/ITEM2016

*1 米国 Microsoft Corporation の、米国およびその他の国における登録商標
  または商標。
*2 シーメンス製画像診断装置に限ります。仕様は予告なく変更される場合が
  ある。
*3 Health Insurance Portability and Accountability 法。
*4 医療機関が診療録等の医療情報を外部に保存を行う場合に医療機関及び
  事業者に求められる厚生労働省、総務省、経済産業省の示す4つのガイド
  ライン、(1) 医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第4.2版
  (厚生労働省)、(2) 医療情報を受託管理する情報処理事業者における
  安全管理ガイドライン(経済産業省)、(3) ASP・SaaS事業者が医療情報を
  取り扱う際の安全管理に関するガイドライン(総務省)、(4) ASP・SaaS
  における情報セキュリティ対策ガイドライン(総務省)において事業者に
  求められる要件部分を満たしていることが確認されている。

teamplayホーム画面

teamplayホーム画面

●お問い合わせ
シーメンスヘルスケア(株)
URL:http://www.siemens.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る