東芝メディカルシステムズ、迅速・簡便なGenelyzerTMⅡ用「ウシ呼吸器病遺伝子検出キット」のサンプル出荷開始

2016.01.26
GenelyzerⅡとウシ呼吸器病遺伝子検出キット
ウシ呼吸器用DNAチップカード

 東芝メディカルシステムズ(株)(以下、東芝メディカルシステムズ)は、牛呼吸器病症候群(BRDC)注1に関連する9微生物種の遺伝子を同時検出可能な研究用試薬「ウシ呼吸器病遺伝子検出キット」(以下、本キット)を本年2月中旬より全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)家畜衛生研究所にサンプル出荷し、実用性評価を行った後、一般販売を開始する。
 同社の親会社である(株)東芝(以下、東芝)では、農林水産省 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業(平成25年度から27年度)「普及型オンサイト家畜感染症検査システムの開発」注2(以下、本事業)の代表機関として、JA全農家畜衛生研究所らと共に本キットの開発を進めてきました。2015年12月1日付で東芝より関連事業を吸収分割により承継し、東芝メディカルシステムズの分子検査ソリューション事業で引き続き本キットの開発を進め、この度、サンプル出荷を開始することとした。
 従来法は微生物ごとに検出作業を必要とするが、本キットは、同社のDNA検査装置「GenelyzerTMⅡ」で使用することにより、遺伝子増幅から検出・解析までを全自動・短時間(約85分)かつ9種同時に行えるため、作業の効率化を実現する。
 牛の感染症による死亡は畜産業に多大な損害を与えており、死亡率低減による生産性向上が求められている。本事業のアドバイザーであり実証試験にもご協力いただいた、あかばね動物クリニック 鈴木保宣先生からは「呼吸器病における重要な細菌とウイルスの遺伝子を一斉に検出することにより、複合感染の病態が解明できます。また、なによりオンサイトで短時間に結果が得られることが大きなメリットです。」との評価をいただいており、本キットの活用が期待されている。
 同社は、本キットの実用化により、分子検査ソリューション事業の拡大と共に、日本の農畜産業への更なる貢献を進めていくという。本キットは2月26日から28日に秋田キャッスルホテルで開催される平成27年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会に出展される。
 なお、同社が承継した東芝のDNA検査システム事業では、農畜産物の生産性・品質・価値向上のためのDNA検査システム、トレーサビリティシステムの開発について2012年に農林水産省より認定を受けており、これまでに「コメ品種識別用検査キット(310品種を識別可能)」を実用化している。
 
 
新製品の主な特徴
(1) 複数遺伝子の一括検出
一度に9微生物種の遺伝子の検出が可能であるため、手作業を大幅に削減し、検出時間の短縮を実現した(従来法では同時に複数微生物種の遺伝子を検出するためには、遺伝子増幅工程を行う装置を複数台揃える必要がある)。
(2)簡便・短時間な操作
遺伝子検出の工程は遺伝子の「抽出」「増幅」「検出」「解析」の作業が必要です。従来法では、各工程をそれぞれ別作業で処理していた。
本キットの場合、市販のキット等で「抽出」作業を行った後、キット内のDNAチップカードに注入し「GenelyzerTMⅡ」にセットするだけで「増幅」から「解析」まで全自動で、かつ約85分という短時間で行うことができる。

遺伝子を解析するための分析ツールで、複数のDNA断片が電極上に固定化されたもので、本キットの場合、各微生物間で異なる遺伝子を識別できるDNA断片が電極上に固定されています。牛の鼻汁もしくは鼻腔スワブから抽出した核酸溶液をカードに注入し、カード内で遺伝子を増幅、電極上のDNA断片と結合させ、どのDNA断片と結合するかを調べることで、解析対象の遺伝子を特定する。
(3)信頼性の確保
DNAチップ上でDNA断片との結合(ハイブリダイゼーション)を行っているため、非特異検出を防ぎ、高い信頼性を確保しています。また、DNAチップカードは完全密閉構造かつ使い捨てであるため、増幅産物の漏出によるコンタミネーションの発生リスクがない。

注1:Bovine Respiratory Disease Complex
注2:プロジェクトNo.25081C。参画機関:東芝、JA全農家畜衛生研究所、JA全農ET研究所、国立大学法人 長崎大学熱帯医学研究所
注3:推奨抽出法は、本キットの性能検証において使用した抽出キットおよび自動抽出装置であり、性能を保証するものではなく、また、その他の抽出キット、自動抽出装置が使用できないということではない。
※ 本製品は、医薬品医療機器法の対象外製品の為、診断、治療を目的とした販売、授与はできない。研究・実証実験・評価用としての使用を想定している。

お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ株式会社 広報室 0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る