2015年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 (再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」採択

2015.07.24

2015年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業
(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」採択
ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病に対する再生医療の実用化に向けた研究

 大日本住友製薬(株)(以下「大日本住友製薬」)、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所(以下「京都大学」)、(株)日立製作所(以下「日立製作所」)の3者は、経済産業省および国立研究開発法人日本医療研究開発機構(以下「AMED」)の 2015年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」に係る委託先として採択された課題の共同研究に着手する。
 これまで、京都大学と大日本住友製薬は、ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病治療法の実用化に向けた共同研究に取り組んできた。また、日立製作所では、細胞自動培養技術の開発を進めてきた。このたび採択された研究内容は、ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病に対する再生医療の実用化に向け、ドパミン神経前駆細胞の生産方法の確立等に関する基盤技術および評価手法を開発することである。今後は、本研究の成果を用いて、高い安全性と一定の品質を確保した細胞を効率的に大量生産し、安定供給するための生産方法等を確立することをめざす。

主な事業内容および分担は次のとおりです。

また、各機関の代表研究者は次のとおりです。

3 者は、本事業により得られた成果を活用し、iPS 細胞による世界初のパーキンソン病治療法の実用化をめざす。
*1 目的の細胞だけを分取する技術

■iPS 細胞由来ドパミン神経前駆細胞の製造技術について
大日本住友製薬は、ドパミン神経前駆細胞の製造工程の一部において、エーザイ(株)が保有する抗体技術を活用している。

●お問い合わせ
大日本住友製薬(株)
URL:http://www.ds-pharma.co.jp/

国立大学法人京都大学 iPS 細胞研究所
URL:https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/

(株)日立製作所
URL:http://www.hitachi.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る