アイ・オー・データ機器とキヤノンマーケティングジャパンが協業 クラウドストレージサービスで連携を強化

2015.06.03

(株)アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)とキヤノンマーケティングジャパン(株)(以下、キヤノンMJ)は、クラウドストレージサービスの分野で協業することを発表した。アイ・オー・データの法人向けネットワーク接続ハードディスク 「LAN DISK Hシリーズ」とキヤノンMJの中小オフィス向けIT支援サービスのクラウドストレージ「HOME-BOX2」を連携させ、お客さまのワークスタイルの変革と業務の効率化を支援するという。

【クラウドストレージサービスの概要】

アイ・オー・データの「LAN DISK Hシリーズ」は中小企業向けのネットワーク接続ハードディスク(以下、NAS)で、ファイル共有やデータバックアップに利用されており、最大50台のパソコン※1から同時にアクセスでき、リアルタイム性と冗長性に優れている。
一方、キヤノンMJの中小オフィス向けIT支援サービス“HOME”は、セキュリティアプライアンス「HOME-UNIT」とグループウエアサービス「HOME-PORTAL」、クラウドストレージ「HOME-BOX2」、リモートヘルプデスク「HOME-CC」で構成されており、「HOME-BOX2」はキヤノンのオフィス用複合機「imageRUNNER ADVANCE」と連携が可能で、スキャンした紙文書や受信したファクス文書などを電子化しクラウド上に安全に格納が可能となる。
アイ・オー・データはこのほどキヤノンMJの技術支援を受け、アイ・オー・データのNAS(「LAN DISK Hシリーズ」)とキヤノンMJのクラウドストレージ「HOME-BOX2」を自動で同期するサービスをアイ・オー・データのNASユーザー向けに無償で提供する。「LAN DISK Hシリーズ」の共有フォルダに保存されたデータがクラウド上にある「HOME-BOX2」に最大10GBまで自動格納され、これにより外出先からスマートデバイスなどで最新のデータを閲覧・編集することが可能になり、お客さまのワークスタイルの変革と業務の効率化を支援し、また、この自動バックアップの仕組みにより社内ネットワークの外にデータを退避できるため、BCP(事業継続計画)対策にも有効とのこと。
本協業により、アイ・オー・データはキヤノンMJの広範な販売網を活用し、2016年3月までに「LAN DISK Hシリーズ」を3,000台販売することを目標としている。一方、キヤノンMJはアイ・オー・データのNASユーザー向けに “HOME”を拡販し、中小企業向けにITソリューション事業を拡大していく。

※1 Windowsの場合

お問い合わせ先
(株)アイ・オー・データ機器 インフォメーションデスク
0120-777-618
http://www.iodata.jp/

キヤノンマーケティングジャパン(株)ドキュメントマネジメント企画部
03-6719-9527(直通)
http://cweb.canon.jp/corporate/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る