東芝メディカルシステムズ、クロスモダリティ医用画像処理ワークステーション「Vitrea V7」販売開始 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

東芝メディカルシステムズ、クロスモダリティ医用画像処理ワークステーション「Vitrea V7」販売開始

2015.04.15
Vierta V7
東芝メディカルシステムズ(株)は、複数のモダリティに対応する医用画像処理ワークステーション「Vitrea V7」の国内販売活動を2015年4月15日より開始する。
Vitreaは、これまでCT専用ワークステーションとして心機能解析やステントプランニングなど多くの高度な医療画像処理ソフトウェアとやさしい操作性が国内外で高い評価を得ている。このたび新たに開発されたVitrea V7では、CT、MR、ガンマカメラ、PET-CTなど複数のモダリティで撮影された画像データを統合的に扱うことが可能になる。臨床各科のニーズを取り入れた豊富な最新臨床アプリケーションはもちろん、撮影プロトコルの管理、線量情報管理ツール等を搭載し、撮影から画像処理までトータルに提供し、高度な診断の支援と院内業務の効率化に貢献する。
V7は、新たに開発した新プラットフォームを採用することで様々なアプリケーションの搭載を可能としている。コンソール上の同社アプリケーションに加えて、他社アプリケーションを搭載することにより、臨床現場の多彩なニーズに応える。
本製品は4月17日からパシフィコ横浜で開催されるITEM2015に展示する。

Vitrea V7の主な特徴

1. クロスモダリティ、マルチユーザー対応 Vitrea V7では、CT、MR、ガンマカメラ、PET-CTなど複数のモダリティ画像に対する。また、最大3ユーザ(クライアント5台接続可能)が同時に臨床アプリケーションにアクセスすることができるので、院内での効率的な運用が可能になる。

2. Golden Standardアプリケーションのインテグレーション Vitrea V7では同社アプリケーション以外に、グローバルでGolden Standardアプリケーションとして広く利用されている他社のアプリケーションの搭載を可能としている。各臨床科で有効に利用できる。

3. 日々の業務を支援するツール Vitrea V7では、臨床アプリケーションに加えて、マネジメント機能も充実している。被ばくの低減をサポートするCT線量マネジメント、装置の効率的な利用につながる稼働状況モニタリング機能など、業務を様々な角度からサポートする機能を豊富に搭載している。安心安全な医療の提供、病院経営の効率化に貢献する。

一般的名称 汎用画像診断装置ワークステーション
販売名 医用画像処理ワークステーション Vitrea VWS-001SA
認証番号 224ACBZX00045000

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室 江野 0287-26-5100
http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る