ギブン・イメージング、食道用カプセル内視鏡PillCam ESO 3、FDAの承認を取得 

‐ 機能強化されたPillCam ESO、上部消化管診断におけるギブン・イメージング社のリーダーシップをさらに強固に‐

2011.05.27

ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は5月23日、PillCam ESO 3カプセル内視鏡が食道粘膜の可視化を適応として、米国食品医薬品局(FDA)の承認を取得したことを発表した。この承認は、新バージョンのRAPIDソフトウェアおよびリアルタイムビューアを内蔵する新しいデータレコーダ 3も対象となっている。

PillCam ESO 3カプセルには、高度な電子部品と光学部品の採用、広角視野、毎秒35フレームの撮像速度など、ギブン・イメージング社のPillCam カプセル内視鏡技術による最新機能が数多く組み込まれている。PillCam ESO 3は旧製品と比べて撮像速度がほぼ倍増しているため、医師はさらなる食道の可視化を実現できるようになる。

PillCam ESO 3は、2台の小型カラービデオカメラ(両側に1台ずつ)、バッテリー、LED光源からなる。PillCam ESOカプセル内視鏡検査は30分以内で終了し、医師はデータレコーダからRAPIDソフトウェア搭載のコンピュータに転送した撮像データあるいはリアルタイムビューアを使ってすぐに検査結果を読影することができる。PillCam ESOは2004年から米国で販売されている。

ギブン・イメージング社のホミ・シャミール社長兼最高経営責任者は次のように述べている。「現在ヨーロッパで販売されているPillCam COLON 2カプセル内視鏡用に開発した新しい機能をPillCam ESOに組み込んだことで、食道粘膜の可視化性能をさらに向上させることができました」。

PillCam ESOは、主に肝硬変と診断された患者の食道静脈瘤の評価に使用されている。食道静脈瘤を適応症として、PillCam ESOを使って食道のカプセル内視鏡検査を実施して償還を受けた患者数は約4,500万人にのぼる。PillCam ESO 3の販売時期は現在検討中。

●お問い合わせ
ギブン・イメージング株式会社 広報代理
株式会社ブレインズ・カンパニー 水浦、岡本
TEL:03-3496-1091
FAX:03-3496-2216
E-mail:mizuura@pjbc.co.jpokamoto@pjbc.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る