東芝メディカルシステムズ、きれい・簡単・コンパクトな東芝MRIシステム「Vantage Elan」第11回エコプロダクツ部門エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞

2014.11.26
141126_02
 
Vantage Elan
 

東芝メディカルシステムズ(株) は、エコプロダクツ大賞推進協議会が主催する第11回エコプロダクツ大賞において、超電導磁石式全身MRI装置 Vantage Elan™(ヴァンテージ エラン)がエコプロダクツ部門で「エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)」を受賞した。

「エコプロダクツ大賞」は、環境負荷の低減に配慮したすぐれた製品・サービス(エコプロダクツ)を表彰することを通じて、それに関する情報を需要者サイドに広く伝えるとともに、エコプロダクツの供給者である企業等の取り組みを支援することで、わが国におけるエコプロダクツのさらなる普及を図ることを目的に、2004年創設されたもの。

今回受賞したVantage Elanは、設計・開発の段階からすべて「ゼロベース」で見直した、次世代の環境配慮型、ライフタイムコスト削減型MRI装置である。
これまでの超電導タイプのMRI装置は、漏洩磁場の関係や大型ユニットを伴うことから広い設置スペースおよびそれに伴う改装工事が必要であったり、高磁場MRI装置になるほど電力消費量がかさみランニングコストがかかるなど、導入の妨げとなっていた。また、本格的な騒音対策を搭載していない装置でのMRI検査は、検査時に発生する騒音が高磁場になるほど増大し、検査を受ける患者さんにとって深刻な問題となっている。
これらの問題を解決すべく、Vantage Elanは環境に配慮した設計を追求しており、最小23㎡および機械室レスの「省設置スペース」、最大定格25kVA(従来比1/2)およびエコモードによる「省電力」、Pianissimo™Σ技術による「静音化」など、これまでの1.5TクラスMRI装置の常識を覆す環境性能を実現した。また「きれい×かんたん×コンパクト」というコンセプトで表現される、臨床性能、操作性、保守・サービス、経済メリットの最大化をはかって製品化した。
同社は環境性能の向上は、環境負荷の低減はもちろんのこと、システムを導入するお客様の病院経営にも貢献できると考えている。今後も同社の経営スローガンである「Made for Life™」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)を通じ、かけがえのない命とお客様の成長・成功に役立つよう、一層の活動を進める。

なお、表彰式は12月11日から東京ビックサイトで開催されるエコプロダクツ2014の中で行われ、東芝ブース内でも受賞製品に関する展示を行う予定。

<評価コメント>
当該製品は、より高い安全性・機能性・信頼性が求められる医療機器において、「省スペース」及び「省電力化」等の環境負荷の低減にも配慮された製品であり、様々な制約がある中で、MRI装置として求められる機能性等を満たした上で、従来製品との比較において、省電力化及び省資源化が向上しており、設置に伴う資材、希少資源、有害物質、輸送時における梱包材及びエネルギーが削減される点で評価できる。また、当該製品により医療現場におけるエコ化が更に推進されることが期待される。

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る