東芝メディカルシステムズ、一般X線撮影用デジタルラジオグラフィ装置の組み合わせFPDのラインナップを拡充 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

東芝メディカルシステムズ、一般X線撮影用デジタルラジオグラフィ装置の組み合わせFPDのラインナップを拡充

2014.10.06
クリニック向け1417
立位撮影台搭載タイプ1717
 東芝メディカルシステムズ(株)は、一般撮影におけるデジタル化のニーズに対応するため、新たに、ヨウ化セシウム(CsI)シンチレータを採用した14×17インチカセッテサイズFPD(有線タイプ)、および17×17インチフルサイズFPD(立位撮影台搭載タイプ)を組み合わせた、デジタルラジオグラフィ装置TFD-2010Aを、本日より販売開始する。
 組み合わせのFPDは東芝電子管デバイス株式会社製FPDで、従来のガドリニウム系(GOS)シンチレータタイプのFPDに比べ、量子検出効率が高く(DQE 70%以上)感度が高いため、約20%(自社比)の撮影線量低減が可能となり、被検者の被ばく低減を実現。また、14×17インチカセッテサイズFPD(有線タイプ)は、従来の3.9kgから3.2kgと700gの軽量化を図っており、撮影台から取り外して使用する場合の作業負担も軽減。撮影後3秒以内には画像確認が可能で検査効率の向上が図れるとともに、CR(Computed Radiography)と比較して読み取り装置が不要となるため、クリニックなどでは限られたスペースを有効に活用することができる。
 17×17インチフルサイズFPDは、上下連動対応形の立位撮影台に搭載して、胸部撮影用のデジタルラジオグラフィ装置として、健診施設を中心とした需要に応える。
 本デジタルラジオグラフィ装置を、ラインナップ豊富な当社のX線撮影装置と組み合わせて導入するにより、適切な線量による最適画像の提供はもとより、一貫したメンテナンス・保守サポートの提供が可能。同社は、医療機関における画像診断をトータルでサポートする。

一般的名称:X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ
販売名:デジタルラジオグラフィ装置 TFD-2010A
認証番号:222ACBZX00086000

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ株式会社
TEL:0287-26-6211
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る