コニカミノルタ、新領域でのビジネス開発の加速に向け、シンガポールでI2Rと研究協同協定を締結したことを発表

2014.07.17

コニカミノルタ㈱は、Business Innovation Center(BIC)シンガポールが、
シンガポール国立インフォコム研究所(以下I2R*1)との研究協同協定に調印した*2ことを、発表した。

コニカミノルタ㈱は、2014年に発表した新中期計画「TRANSFORM 2016」の中で、
顧客本位の発想・行動を徹底することで、コニカミノルタグループの業容の変革を成し遂げることを経営方針に掲げ、
高い付加価値を提供できる企業への転換を目指している。

2014年2月10日に、ビジネス変革に向けたサービス事業への転換を積極的に推進すべく、シンガポールでBICを立上げ、シンガポール経済開発庁(EDB)と連携して様々な領域で、地域に密着したビジネスインキュベーションを開始している。
今回、ビジネスインキュベーションの取り組みをさらにダイナミックにスピード感をもって展開するため、ネットワークやシステムセキュリティ、音声認識やワイヤレス通信などの研究を行っているI2Rとの研究協同協定を結び、新たな領域でのビジネス開発に向け連携して活動を開始することになった。

研究共同協定の調印式には、I2RをはじめEDBやシンガポール国立大学の方々も招き、
昨今注目を集めているヘルスケアモニタリングの領域で、
情報機器事業とヘルスケア事業にまたがる取り組みを事例として紹介した。
事業領域にとらわれない新たなビジネス領域の発掘や商材開発へのBICの取り組みの一部を紹介し、
シンガポール政府関係者との今後の連携の強化を図っている。

シンガポールのみならず、他の世界4極(北米・欧州・中国*3・日本)においても、
具体的な取り組み事例のご紹介を通じて積極的に外部とのコミュニケーションを図りながら、
BICの活動のベースが顧客の真のニーズにあることを理解し、
賛同するパートナーを獲得し、早期のビジネス化を実現していきたいと考えている。

*1 シンガポール科学技術研究庁(A*STAR)の傘下の組織で2002年に設立。
300人以上のサイエンティスト、300以上の博士号、そして250人以上のエンジニアがメンバーとして所属し、また300を超える特許出願件数を保持。
*2 調印日7月7日。
*3 2014年度中開設予定。

●お問い合わせ
コニカミノルタ㈱
広報グループ
TEL:03-6250-2100
URL:http://www.konicaminolta.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る