富士フイルム、上部消化管用汎用スコープ「EG-600WR」下部消化管用汎用スコープ「EC-600WM」を販売

2014.05.15
EG-600WR(先端部)
EG-600WR(ウォータージェット機能)
EC-600WM(先端部)
EC-600WM(先端部アップ)
最短2mmの距離から、病変などを細部まで観察できる内視鏡メガピクセルCMOSセンサーを搭載し、高精細・高画質を実現
 
富士フイルム(株)は、同社内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)シリーズ」用の汎用ス コープとして、メガピクセル※1CMOS※2 センサーを搭載し、高精細・高画質を実現した上部消化管汎用スコープ 「EG-600WR」と下部消化管汎用スコープ「EC-600WM」を、6月16日より富士フイルムメディカル(株)を通じて発売。また、これらのスコープは新設計のレンズを搭載し、最短2mmからの近接観察が可能。同社は、15日から17日まで福岡国際会議場をメイン会場として開催される「第87回日本消化器内視鏡学会総会」に本製品を出展する。
同社の内視鏡システムには、キセノン光源と、レーザー光源(「LASEREO(レザリオ)」)の 2種類がある。キセノン光源の内視鏡システムでは、白色光での通常観察や、コントラストが高い画像をリアルタイムで生成する分光画像処理機能 FICE※3を用いた観察※4が可能。レーザー光源の内視鏡システムでは、さらにレーザー光源専用スコープによる BLI(Blue LASER Imaging)機能を用いた観察を行うことができる。同社は、最先端の画像技術を結集しながら、病変の早期発見、そして診断、治療につながる内視鏡製品・技術の開発を進めてきた。
今回発売する上部消化管用汎用スコープ「EG-600WR」と、下部消化管用汎用スコープ「EC-600WM」は、キセノン光源を用いた「Advanciaシリーズ」用の汎用スコープで、同社のスコープとして初めて、イメージセンサーにメガピクセルCMOSセンサーを採用。このCMOSセンサーと、同社独自の画像処理技術を組み合わせることにより、優れた 解像度を持つ明るい静止画と、高精細で滑らかな動画を得ることができる。また、分光画像処理機能FICEを使うことで、表層血管・病変の視認性の更なる向上が期待でき、病変の早期発見やスクリーニングをサポートする。さらに、 新設計したレンズを搭載することで、最短2mmからの近接観察が可能となった。スコープを近づけるだけで65倍※5相当の拡大効果を得ることができるため、病変などをより細部まで観察できる。
また、医師のストレス軽減や患者への負担軽減をサポートするために、操作性や挿入性も向上。「EG-600WR」は、消化管内の粘液などを除去するウォータージェット用管路を、同社の上部消化管用汎用スコープとして初めて内蔵しながらも、従来機と比べて更に細径化し、先端部外径9.2mm、軟性部外径9.3mmを実現。「EC-600WM」は、微妙な力加減を先端部に伝わりやすくするため、手元から先端に向かって連続的に硬さを変化させ る軟性部を採用。挿入性の向上を図った。
同社は、今後もがんなどの病変の早期発見・早期治療と、患者負担の低減を目指し、より良い製品の開発を進めていく。
 
 
*1 100万画素以上の画素数を有するの意味。
*2 Complementary Metal-Oxide Semiconductor(相補性金属酸化膜半導体)の略。デジタルカメラなどのイメージセンサーにも多く採用されている。
*3 通常画像から分光画像(特定の波長で得られる画像)をリアルタイムに生成できる画像処理機能。自由に波長パターンを選択でき、よりコントラストの高い画像を得ることができる。Flexible spectral Imaging Color Enhancement の略。
*4 一部の機種では、分光画像処理機能FICEが使用できない。
*5 撮影した画像の実寸を19インチ観察用液晶モニター上で最大65倍まで拡大可能(観察用液晶モニター「CDL1909A」使用時)。
 
 
●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
営業本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fujifilm.jp/
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る