FileMaker Developer Conference 2014の詳細スケジュールを発表

2014.03.27

「ビジネスに限界はない(Business without Boundaries)」をテーマに、iPad/iPhone/Windows/Mac/Web向けのカスタムソリューション開発に関してエキスパートが70を超えるセッションを実施、新たにハッカソンも開催

 ファイルメーカー(株)は、3月26日に、今夏に開催されるFileMaker Developer Conference 2014の詳細スケジュールを発表した。このカンファレンスは、年に一度開催される最大規模のイベントで、世界中から個人や企業のFileMaker開発技術者、トレーナー、ユーザーが一堂に会す。

 今年で19回目となる本カンファレンスでは、「ビジネスに限界はない(BusinesswithoutBoundaries)」をテーマとし、新規のトラックが追加されるほか、インタラクティブなパネルディスカッションやFileMakerの課題に挑むハッカソンも実施される。開催日程は、米国時間の2014年7月28日(月)から31日(木)までの4日間で、開催地は米国テキサス州サンアントニオのJWマリオットサンアントニオヒルカントリーリゾート&スパだ。世界の27カ国から1,200人のFileMakerファンと45人のスピーカーが参加することが見込まれている。

 カンファレンス参加者はFileMakerプラットフォームの未来について聞き、ソリューション開発のヒントを互いに交換し、新しいスキルを学び、世界中から参加する開発技術者と交流し、新しい製品やサービスを知ることができる。カンファレンスに参加すれば、以下のような7つのトラックを通して、ビジネス業務における限界を取り除く方法を学び、ビジネスニーズに合ったカスタムソリューションをFileMaker13プラットフォームで作成することができる。

プレカンファレンストラック:カンファレンスの開催前にFileMakerの基礎知識についてブラッシュアップできる各2時間のセッションが6つ用意されている。

[新規]モビリティトラック:FileMakerGoforiPad/iPhone向けのソリューションを構築する方法を直に学ぶことができる。同期や位置情報サービスのほか、FileMakerGo13の新機能であるバーコードスキャニングやiOS対応キーボードなどのトピックが扱われる。

[新規]イノベーショントラック:統合環境、ビジネス・インテリジェンス、大容量システムなど、真に革新的な開発作業から多くのアイディアを学ぶ。

コアトラック:データモデリング、スクリプティング、ベストプラクティスなどFileMaker開発の中核となるスキルを学ぶ。

デザイントラック:最良のソリューションを作成することができるユーザー中心設計のメリットを理解し、視覚的にも魅力あるソリューションを作成するためにFileMaker13の新しいテーマや新機能のスタイルツールを活用する方法を学ぶ。

Webトラック:FileMakerWebDirectのベストプラクティスや使用例、PHPによるカスタムWeb公開、HTML、JavaScript、CSSなどを含め、Web向けにFileMakerソリューションを展開する方法を学ぶ。

ビジネストラック:FileMakerビジネスのリーダーたちが、どのようにビジネスを成功に導き、新しい開発技術者を採用し、FileMakerのリソースを活用しているかについて学ぶ。

 注目の新しいセッションとして、「大きな成功をもたらすFileMakerGoビジネスの構築方法(Building a Very Successful FileMaker Go Business)」「ボンネットの下:FileMaker Server 13とデータベース暗号化の中身(Under the Hood with Database Encryption and FileMaker Server 13」「FileMaker Web Directのための5つのレッスン(Five Lessons for FileMaker Web Direct)」などが用意されている。他にも、参加者が事前に質問を投稿できる「デザイン(Design)」、FileMakerのエンジニアによる「パフォーマンス(Performance)」、非常に成功している技術開発社が成功の秘密を紹介する「ビジネスの育て方(Growing Your Business)」といったパネルディスカッションを用意している。

 また、参加者がある課題に対してソリューションを開発し競い合う“ハッカソン”イベントも開催される。その他、スペシャルイベントとして、FileMakerユーザーや開発者がその場で回答を得ることができるビジョナリーバー(Visionary Bar)や、技術的なサポートを受けられるテックサポートセントラル(Tech Support Central)が用意されている。

 同カンファレンスの詳細スケジュールは、こちら

 

登録に関する情報
 このカンファレンスに2014年6月3日までに参加登録を完了すると、早期登録優待プロブラムにより、参加登録費が23,000円割引され、通常の「スタンダードパッケージ」は99,000円、すべて込みの4日間パス「ゴールドパッケージ」は145,000円で申し込むことができる。この4日間パスには、通常のカンファレンス・セッションのほか、プレカンファレンス・セッションも含まている。有償でカンファレンスに出席する参加者は特典として、FileMaker Pro Advanced (63,000円相当、税別希望小売価格)を受け取ができる。参加登録の詳細については、こちら
 グループ割引もご用意している。3人分の参加登録を行うと、4人目の参加登録費用が無料となる。詳細についてはファイルメーカー(株)まで。
 なお、会場となるホテルは、同カンファレンス参加者向けの特別団体割引料金で宿泊が可能。利用できる部屋数には限りがあるので、早めに予約を。予約は電話(+1-210-276-2500、+1-866-882-4420)もしくはオンライン予約が可能。

 

●お問い合わせ
ファイルメーカー(株)
FileMakerカスタマサポート
TEL:0120-983-850
受付時間:9:00-12:00/13:00-17:30
(祝祭日を除く月曜日から金曜日)
URL:http://www.filemaker.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る