シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス、 微生物検体処理システム「WASP」と液相輸送容器「eスワブ」を発売

2014.01.31

・イタリア コパン社より販売権を獲得
・2製品の投入により、微生物検査の自動化ワークフローを創出し、また、
 微生物検体の回収率を向上させることで検査品質の向上を実現

シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社(本社:東京都品川区、
代表取締役社長兼CEO:室田博夫)は、イタリア コパン社より日本における
販売権を取得し、1月31日より、微生物検体処理システム「WASP(ワスプ)」と
液相輸送容器「eスワブ(イースワブ)」の販売を開始します。WASPは、
微生物検査室で主にマニュアルで行われている、検体処理の自動化を可能に
します。また、eスワブは、検体を効率的に採取し、液体培地へ無駄なく溶解
(リリース)します。2月1日(土)~2日(日)に名古屋国際会議場で行われる、
第25回日本臨床微生物学会にて両製品を展示します。

※説明図および製品写真は、添付リリースをご参照ください。

eスワブについて
尿、糞便、喀痰、咽頭粘液など、さまざまな形状の体液を検体として取り扱う
微生物検査では、検体採取から培地への検体塗布までの作業を、材料ごとに
異なるワークフローで行うのが一般的です。eスワブは、これらの材料を簡便に
液体培地へ溶解(リリース)することで、個別ワークフローをひとつのフローに
集約する画期的な液相輸送容器です。本製品は、コパン社が開発した
ナイロンファイバーを芯に固着させる新技術により作られたフロックスワブを
使用しています (コパン社特許)。このユニークな構造により、採取した検体
をスワブ表面近くに保持(トラップ)できるため、従来の繊維状スワブと比較
すると、菌体の収量が飛躍的に増えます。このため、eスワブ1本の検体から、
分離培養、グラム染色のみならず、PCR、迅速抗原検査など、複数の追加検査が
可能となります。また、菌を室温および冷蔵で48時間安定に保つことができます
(Neisseria gonorrhoeaeナイセリア・ゴナリアまたは淋菌は24時間)。

WASPについて
WASPは、多くの微生物検査室でマニュアル処理されている、各種検体から培地
への接種までの一連の作業を自動化します。検体投入後、バーコード読み取り、
ボルテックス(撹拌)、検体容器キャップの自動開閉、検体塗布、検体容器排出、
培地へのバーコード貼付、培地の種類別ソートおよび排出までを、すべて全自動
で行います。容器の蓋は、HEPAフィルターにつながる吸気口のそばで塗布直前に
開けられるため、エアロゾルによるコンタミネーション(汚染)を防止します。
また、検体塗布に使用する金属製のループは、1検体ごとに自動焼却滅菌して
リユースできるため、消耗品が不要です。検体塗布のパターンは、あらかじめ
搭載された各種パターンから選択するだけでなく、任意のパターン設定も可能(*1)
です。さらに、グラムスライド塗布やブロスへの接種などのモジュールを追加(*1)
することで、施設のニーズに合ったバージョンアップをフレキシブルに行うこと
ができます。

菌の収率が高く、材料に関わらず容器サイズが同じeスワブとWASPの組み合わせ
により、煩雑な検体処理と塗布作業が標準化され、業務の効率化と生産性が向上
します。シーメンスは、これらの製品投入により、微生物検査業務の新たな
ワークフロー構築や品質向上に大きく貢献します。

*1. いずれもオプション機能

●お問い合わせ
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス株式会社
マーケティングコミュニケーション
E-mail: naoko.hojo@siemens.com
URL:http://www.siemens.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る