GEヘルスケア・ジャパン、「Signa甲子園2013」を開催

2013.12.27

GEヘルスケア・ジャパン㈱は12月7日(土)、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)の先進的な撮像技術の共有を通じて、MRI診断の標準化やレベルアップを図る「Signa甲子園2013」(MR Signaユーザーズミーティング・全国大会)を開催した。

MRIの画像は操作を担当する放射線技師や臨床検査技師のテクニックに依存する面が大きいため、同社ではGE MRユーザーがそれぞれの撮像技術の創意工夫などの情報交換や交流を行う「Signaユーザーズミーティング」を全国各地で開催している。また、さらなる交流を図り、操作担当者に先進的な撮像技術を身につけていただくために、2005年よりユーザーズミーティングの全国大会である「Signa甲子園」を実施している。9回目にあたる今回の「Signa甲子園2013」では、200名の全国のSignaユーザーの出席のもと、地方予選を突破した10代表がコンテスト形式で撮像技術の共有を図った。いくつかの発表者はTEDスタイルの発表で会場を沸かせるなど実力伯仲する各代表の発表の結果、最優秀の金賞
には、開催都市神奈川UM、けいゆう病院の五十嵐太郎先生による「VR DWIBSのすすめ」が選ばれた。

また、同コンテストの終了後、12月初めのRSNA(北米放射線学会)で発表されたGEヘルスケアの最新テクノロジーを紹介する「GE Healthcare MR最新技術紹介」が実施され、最後に特別講演として聖隷浜松病院画像診断センター放射線部の杉村正義先生から、「話題のSILENT SCANを含む、750w Expertの使用経験」と題し、本年9月に発売を開始したDiscovery 750w Expert 3.0Tの使用経験についての、講演が行われた。

日時:2月7日(土)15:00~19:30

会場:パシフィコ横浜・会議センター

主催:GEヘルスケア・ジャパン株式会社

企画・運営:Signa甲子園2013実行委員会

実行委員長:古賀総合病院 黒岩靖淳先生

スケジュール:

MRI撮像技術コンテスト(全国10代表が発表)
GE Healthcare MR最新技術紹介
特別講演
「話題のSILENT SCANを含む、750w Expertの使用経験」

聖隷浜松病院画像診断センター 放射線部 杉村正義先生

表彰式

お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン㈱
コミュニケーション本部
TEL 0120-202-021
URL www.gehealthcare.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る