東芝メディカルシステムズ、CT生産累計30,000台を達成

2013.11.08

 東芝メディカルシステムズ(株)は、CT生産累計30,000台を達成した。
 同社は、1978年に国産初の全身用CT装置を開発して以来、世界中の医療施設との共同研究をもとに、数々の最新技術を開発し、日本国内はもとより世界各地の医療施設にCTを販売してきた。

 同社のCTの生産台数は、2011年1月の累計25,000台以降、2年10か月でさらに5,000台の生産を達成した。2011年12月に発表し、全機種に標準搭載した最新被ばく低減技術「AIDR 3D」の臨床的有用性が評価された結果と考えられる。
 近年、医療被ばくへの関心が高まっており、患者にやさしい画像診断が求められている。AIDR 3Dは逐次近似法を応用した東芝独自の最新画像再構成技術で、最大でノイズを50%、被ばくの75%低減を実現しながらも再構成時間はほとんど変わらず、日常CT検査の検査時間に影響を与えることがない。さらに心電同期撮影、動態撮影、Dual Energyスキャンといった様々な撮影にも適用でき、実際の臨床現場においてストレスなく使用できる。
 

Aquilion ONE/ViSION Edition
 記念すべき3万台目のCTは、320列エリアディテクターCT Aquilion ONE/ViSION Edition(アクイリオン ワン ビジョン エディション)で、愛知県の医療施設に納入される予定。Aquilion ONEシリーズは、160mmの幅を最速1回転0.275秒で、心臓や脳など臓器をまるごと撮影することが可能で、患者の負担を軽減しながら今までにない新しい診断価値を提供できる装置となっている。
 なお、同機は、世界最大の登録者数を誇る放射線科医師・技師向け会員サイトAuntMinnie.comより、2013年の「世界最高の画像診断装置」に選ばれた。
 Aquilion ONEシリーズは世界で707台(内、国内で210台)(2013年10月末現在)出荷されている。

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る