東芝メディカルシステムズ、X線血管撮影中にリアルタイムに皮膚入射線量をモニタリングする「Dose Tracking System」の開発を発表

2013.10.09

 東芝メディカルシステムズ(株)は10月9日、X線循環器診断システムInfinix Celeve™-iに組み合わせるアンギオワークステーションXIDF-AWS801に搭載する、皮膚入射線量のモニタリング機能「Dose Tracking System(DTS)」を開発し、2013年8月より国内外にて臨床使用を開始していると発表した。本システムは、患者の放射線皮膚障害に対する参考情報を、術中に提供するリアルタイムモニタリングシステムで、術中の入射皮膚線量の管理を可能とする。
 PCIを年間1,000例あまり実施する医療法人社団田貫会高瀬クリニック(群馬県高崎市)における臨床使用において、同院長の高瀬真一氏は「今まで見えなかった患者皮膚被ばくが、DTSによりリアルタイムに推定できるため、術者の被ばくに対する意識の変化が見られます。例えば、透視時間を少なくすることや撮影をなるべく省くことで被ばくを低減することや、一方向からの集中したX線照射を避け、照射方向を分散させる判断がPCI中にできるようになり、より安全な手技が可能になります。これは非常に画期的なことです」と同システムを評価している。
 今後、さらに臨床評価を続け、2014年度にはX線循環器診断システム Infinix Celeve™-i との組み合わせ販売を予定しているとのこと。

販売名:アンギオワークステーション XIDF-AWS801
認証番号:224ACBZX00032000

販売名:X線循環器診断システム Inifnix Celeve-i INFX-8000V
認証番号:218ACBZX00001000

DTS作動画面の一例

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る