富士フイルム、経鼻内視鏡の新ラインアップとして上部消化管用経鼻内視鏡「EG-580NW2」の発売を発表

2013.10.02

 富士フイルム(株)は10月2日、鼻からの挿入で咽頭反射による嘔吐感を軽減する経鼻内視鏡の新ラインアップとして、検査時における体液など胃内の液体の吸引性能と処置具の操作性を向上した上部消化管用経鼻内視鏡「EG-580NW2」を、10月21日より富士フイルムメディカル(株)を通じて発売することを発表した。

 同社は、先端部径が5.9mmと細く、鼻からの挿入に適したしなやかさを持つ経鼻内視鏡を平成14年に発売し、医師や患者のニーズに合わせた製品開発を通じて経鼻内視鏡検査の普及を図ってきた。経鼻内視鏡を用いた検査は、口から挿入する経口内視鏡を用いた検査に比べ、嘔吐感が少なく、検査中に会話できることから患者負担の少ない検査として注目されており、実際に使用した医師、患者の双方から高い評価を受けている。

 今回発売する「EG-580NW2」は、先端部径を従来機よりも細い5.8mmとしながら、体液など胃内の液体を吸引したり、処置具を出し入れする鉗子口径を2.4mmまで拡大した。これにより、同社従来機「EG-580NW」に比べ約1.4倍の吸引性能と生検鉗子などの処置具の操作性向上を実現した。

また、送気・送水性能の向上を追求し、送気・送水管の構造を改良した。検査中は、視野を明瞭にするために、内視鏡を挿入した状態で、内視鏡先端のレンズに付着した粘液などを送水して洗浄し、その水滴を送気によって吹き飛ばし、綺麗にする作業を何度も繰り返し行う。今回の改良により、レンズの洗浄後に水滴が残りにくくなったため、視界が明瞭になり、検査時の医師のストレス軽減や検査時間の短縮につながることが期待される。

 同社は、「EG-580NW2」をラインアップに加えることで、経鼻内視鏡のさらなる普及を図り、がんの早期発見に必要なスクリーニング検査の受診率向上に貢献することを目指す。また今後も、経鼻内視鏡のパイオニアとして、医師や患者のニーズにこたえる製品開発を進めていくとしている。

薬事販売名:電子内視鏡 EG-580NW2
薬事認証番号:225AABZX00069000
一般的名称:ビデオ軟性胃十二指腸鏡、ビデオ軟性食道鏡、ビデオ軟性咽頭鏡、
ビデオ軟性鼻咽喉鏡、ビデオ軟性喉頭鏡、ビデオ軟性口腔鏡
発売日:平成25年10月21日
標準ユーザー渡し価格(税別) :3,400,000円

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株) 営業本部マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fujifilm.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る