フィリップス、医療従事者向けの手動式除細動器「ハートスタートXL+(エックスエルプラス)」を発売

2013.10.01

 (株)フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、医療従事者向けの手動式除細動器「ハートスタートXL+」の販売を開始することを発表した。

 
-ロングセラーモデルを一新。より機能を向上させた手動式除細動器-

ハートスタートXL+
 「ハートスタートXL+」は、10年来のロングセラーモデルである手動式除細動器「ハートスタートXL(エックスエル)」のほとんどの機能を受け継ぎ改善し、また医療従事者の方々からの要望を組み入れた新たな機能を搭載した。「ハートスタートXL+」は、1985年にグローバルで販売開始したHP43100A以降、フィリップスが日本で販売している手動式除細動器としては5世代目のものとなる。

 今回の「ハートスタートXL+」は、人間工学に基づいたダイアル式の除細動ノブの採用や、最大3波形と測定値およびアラーム設定値を表示する大型マルチカラーディスプレイ、AED小児モード等の新たな機能を搭載し、医療従事者の使いやすさにこだわって設計された。

■「ハートスタートXL+」の特長

1.使いやすさへのこだわり

 迅速な救命活動の実現のため、コントロールパネルは人間工学に基づき使いやすく改善し、ダイアル式の除細動ノブにより電源のオン/オフ、モードおよびエネルギーの選択を1つのノブで行うことができる。大型マルチカラーディスプレイ(6.5インチ)を採用し、一度に最大3波形と測定値およびアラーム設定値(パラメータバー)を表示する。使用準備完了インジケータにより、除細動器が使用できる状態であるか一目で確認することも可能。また、パッドなどの消耗品やECGケーブルなどのアクセサリは、フィリップス社製手動式除細動器であるハートスタートXLやハートスタートMRx、ならびにフィリップス社製AED(自動体外式除細動器)ハートスタートシリーズと共通になる。
 さらにフィリップスの生体情報モニタと同じ接続ポートを備えており、同じモニタリング用ケーブル/センサを使用することができるため、在庫管理の簡便化やコストの削減にもつながる。

2.進化し続けるテクノロジー

 SMART Biphasic波形による除細動を採用し、リアルタイムインピーダンス補正テクノロジーにより患者に合わせて出力波形が調整される。AEDモードでのクイックショックと、マニュアルモードで最短クラスの充電時間(成人に対する標準的な除細動エネルギーの充電時間:3秒)により、ハートスタートXL、ハートスタートMRxに比べ、心肺蘇生(CPR) の中断を最小限に抑えることができる。AEDモードでは小児にも対応。また、モニタリングでは、フィリップスの生体情報モニタと同じ心電図(ECG)アルゴリズム/アラームを使用し3誘導/5誘導心電図、心拍数、動脈血酸素飽和度(SpO2)(オプション)、非観血血圧(オプション)の測定を行う。時間の経過に沿ってパラメータのトレンドを記録し、表示や印刷が可能となっている。

3.救命の質の向上へ

 症例データはUSBドライブにコピーし、専用のソフトウェアであるHeartStart Event Review等に転送し、症例データ全体を取り込んで保管、事後レビュー等に使用することができる。また、必要に応じてレポートを他の医療従事者と共有することも可能になっている。
 
●お問い合わせ
㈱フィリップスエレクトロニクスジャパン
広報部
TEL:03-3740-4551
URL:http://www.philips.co.jp/index.page

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る