東芝メディカルシステムズ、3階層の画像保存エリアを有するクラウド併用型PACSを発売開始

2013.07.16

~クラウドストレージの有効活用によりコスト削減を実現~

東芝メディカルシステム(株)(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智)は、院内のPACSとクラウド上の2階層の画像ストレージと組み合わせ、3階層の画像保存エリアを有するクラウド併用型PACS RapideyeCoreの発売を発表した。また、同製品は7月17日(水)より東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウに出展される。
同製品では利用頻度の高い情報は院内PACSサーバに保存し、参照頻度の低い情報はクラウド上に設けられた2階層のストレージを目的別に利用することで、効率よく画像情報を運用することができる。クラウド上の情報は院内のPACS端末から自由にアクセスできるため、院内PACSとシームレスな操作環境で利用可能である。
クラウド併用型PACSは、フィルムレスPACSとしての豊富な実績を持つPACS本来の機能に、クラウドを利用した画像情報管理を付加することで、画像情報を長期にわたって保存している大学病院や研究機関など大規模施設から、地域中核病院や健診センターまでより多くの施設の運用に対応できるシステムである。

特徴
「アクセス頻度が少ない膨大な過去画像を低価格で保存したい」「読影や参照した画像はすばやくアクセスしたい」、これらの課題に取り組み解決したのが、クラウド併用型PACS RapideyeCoreである。画像のアクセス頻度や用途に応じて、3階層の画像保存エリアの使い分けが可能となっている。
(1)3階層の画像情報の管理
①Online:読影や参照に利用する画像などすぐにアクセスしたい画像は、院内PACS に保存する。
②Nearline:画像のバックアップとして、クラウド上のストレージ「Nearline」に保存する。オンデマンドに画像表示できるので、短期間のバックアップや遠隔地との情報共有などに利用する。
③Frozen:アクセス頻度が少なくなった画像は、自動的にクラウド上のもう一つのストレージ「Frozen」に保存。
(2)ストレスのない画像参照
①オンデマンド
PACSの端末から画像をリクエストするだけで、クラウドに保存されている画像を読出し表示することが可能。
②スマートプリフェッチ
病院情報システム(オーダリングシステム)からのオーダ情報や検査予約情報から、診療に必要な過去画像をクラウドから事前に院内PACSに読み出しておくことで、いつでも高速にストレスなく参照できる。

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
TEL:0287-26-6211
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る