島津製作所、呼吸性移動に対応し、がん組織へのピンポイント照射を支援する 放射線治療装置用動体追跡システム「SyncTraX」を発売

2013.07.02

(株)島津製作所(本社:京都府京都市、代表取締役社長:中本 晃)は、放射線治療装置用動体追跡システム「SyncTraX(シンクトラックス)」を、7月1日に発売する。
同製品は、がんの放射線治療で用いられるリニアック(放射線治療装置)と組み合わせるシステムで、呼吸等の影響により体内で一定の位置や形状を保たない肺や肝臓のような体幹部への放射線治療の場合でも、正常組織への放射線照射を避け、がん組織にピンポイント照射することが可能。
同製品は、国立大学法人北海道大学大学院医学研究科の白土博樹教授と石川正純教授によって研究が進められてきた「動体追跡技術」を臨床現場に提供するものである。

「動体追跡技術」は、呼吸性移動のある腫瘍の近傍に留置された金マーカを、2 方向からのX 線透視により画像化し、パターン認識技術で自動抽出・計算することでリアルタイムに3次元位置を把握して、放射線を照射するタイミング、または止めるタイミングをリニアックに指示することにより、金マーカが治療計画位置から数mm の範囲にある場合にだけ放射線を待ち伏せ照射する方法であり、同社は白土教授・石川教授と共同で、この「動体追跡技術」を実用化した同製品を開発した。
同製品を使用することにより、従来の腫瘍の呼吸性移動による移動範囲すべてに放射線を照射する方法に比べて、照射体積を最大で1/4 に減らすことができ、正常領域への照射を大幅に低減する。また高い線量を腫瘍に照射することも可能となり、効果的な治療や治療時間の短縮につながる。
なお、同製品はX線透視システム(X線管、X線検出器)、X線高電圧装置、同期制御装置、動体追跡処理装置により構成されている。

<同製品の特長>

1.金マーカを用いた動体追跡により大幅な放射線照射体積の低減を実現

腫瘍近傍の金マーカにより呼吸等の動きを監視することで、肺や肝臓等体内で位置を変える腫瘍であっても、最適タイミングで放射線を照射することが可能になった。またこれに伴い、放射線照射体積を従来の1/2~1/4程度まで抑制できるため、高い線量を腫瘍に効果的に照射することができる。
また、同時追跡が可能な金マーカについては最大3個まで対応できるので、複数のマーカを照合することで、より正確な位置決めや追跡が可能になる。

2.カラーイメージインテンシファイア(カラーI.I.)を採用した可動式X線透視システムにより高精度の治療を支援

U字レール上を2対のX線管球・X線検出器が移動するX線透視システムを採用することにより、治療角度に応じた最適位置にX線透視システムを移動させて患者の金マーカの位置を透視することができる。
また、従来のモノクロI.I.に代わり、X線検出器として高感度で広いダイナミックレンジを実現するカラーI.I.を採用したことによりX線透過量の広範囲な透視が可能となり、ハレーションや輝度不足の少ない透視画像を得られ、マーカの追跡性能が向上した。

●お問い合わせ
㈱島津製作所
医用機器事業部 グローバルマーケティング部
TEL:075-823-1271
URL:http://www.shimadzu.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る