日立製作所、クラウドで提供する「TWX-21グローバル大容量データ交換サービス」を開始

2013.06.11

国内最大規模約50,000社が利用する「TWX-21」の多彩なサービスへのシングルサインオンによりグローバル対応業務の効率化を支援

 (株)日立製作所(本社:東京都千代田区、執行役社長:中西 宏明)は、国内外の拠点間や取引先企業との間で、設計図面データや動画データなどギガバイト(GB)サイズの大容量データをインターネット経由でやり取りする企業向けに、大容量データ交換を高速かつセキュアに実現する環境をクラウド型にて提供する「TWX-21グローバル大容量データ交換サービス」を開発し、6月12日から提供を開始する。
 同サービスは、日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」(ハーモニアスクラウド)のラインアップで、国内最大規模約50,000社が利用する企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」のサービスメニューの一つとして提供される。このため、「TWX-21」上で提供している販売・設計・生産・調達などの多彩なサービスに対してもシングルサインオンで利用できるなど、グローバル対応業務を効率化できる。
 また、同サービスの導入には、国際専用回線の新設や増強、あるいは特別なデータ圧縮装置の設置といった追加投資が必要ないほか、クラウド型で提供するために、新たに運用のためのソフトウェアなどの購入は不要である。利用する際は、Webブラウザ上で送信したいデータと宛先を選択し、送信開始ボタンを押すだけで送信できるなど、容易に操作できる。なお、同サービスは、「TWX-21」を提供基盤としているため、日立が「TWX-21」の運用でグローバルに長年培ってきたノウハウを生かし、日本語・英語・中国といった多言語対応や「TWX-21」上で提供されているグローバルに対応した高いレベルの運用サービスもシングルサインオンで利用できる。セキュリティ面では、HTTPS1による通信経路の保護や多重化通信による転送途中の盗聴防止、上司などの管理者承認によって誤送信を防ぐ多重チェックが設定できるなど、安心して利用可能である。

●お問い合わせ
(株)日立製作所
情報・通信システム社クラウドサービス事業部
TEL:03-3258-1111
URL:http://www.hitachi.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る