東芝メディカルシステムズ、本社での生物多様性保全活動の取り組みについて

2013.05.27

 東芝メディカルシステムズ(株)(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智)は、事業活動と、生物多様性を含む多様な環境問題を包括的かつ定量的に把握することにより、取り組みの「見える化」を図り、影響の低減、持続可能な利用につなげている。2012年3月より「生物多様性推進プロジェクト」を推進し、本社および周辺地域の生物調査を実施、1年間の調査結果をまとめた。調査結果は同社ホームページに掲載、(http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/company/env/biodiversity/)、また「いきものガイド」として冊子を発行した。
 栃木県北部の大田原市に立地している本社は、那須連山を望み一級河川「箒川」や田園地帯が広がる自然豊かな環境に囲まれている。敷地周辺では絶滅のおそれがある動植物として保護の対象になっている猛禽類などレッドリスト対象種を含む動植物が確認さた。
 今年度は7月下旬に従業員家族や周辺住民による観測会や、生物を事業所内に呼び込む環境づくりなどに取り組む予定である。

いきものガイド

●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る