ソニーとオリンパスの合弁会社、「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社」が設立

2013.04.16

 ソニー(株)(以下「ソニー」)及びオリンパス(株)(以下「オリンパス」)の医療事業合弁会社として、「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社」が2013年4月16日付けで設立された。
 「ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社」は、ソニーが有するデジタルイメージング技術などの最先端のエレクトロニクス技術と、オリンパスの有するレンズ、光学技術などの医療機器製造・開発技術を組み合わせ、質の高い医療の機会を多くの人々へ届けることで、世界の医療の発展への貢献を目指す。新会社は、革新的な新型外科用内視鏡及びその関連システムなどの開発・設計・製造・販売と、手術室等へ向け医療機器・映像機器の新たなシステムソリューション事業を全世界で展開する。
 新会社のロゴは、両社の融合を表現しており、外科医療に革新をもたらすことで、人々に安心と幸せを届ける会社であり続けたいという思いが込められている。
 
 

ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社のロゴ

 
●ソニー(株)社長兼CEO 平井一夫氏のコメント
「ソニーは、メディカル事業を中長期的な成長領域として位置づけ、強化すべく取り組んでおり、このたび、その中核となる合弁会社が設立されたことを大変喜ばしく思います。ソニーは、新会社にソニーが有する最先端のイメージング技術や人材、資産などを投入してまいります。そして、これらとオリンパスが培ってきた医療技術及び事業経験と組み合わせることで、新会社が医療業界にイノベーションをもたらし、大きく飛躍すると確信しております」。
 
●オリンパス株式会社 社長 笹 宏行氏のコメント
「世界トップレベルの映像技術を有するソニーとの合弁会社設立が実現し、医療の将来に向けた一歩を踏み出しました。オリンパスは、収益・成長のドライバーである医療事業において『外科事業の飛躍的成長』を重点施策の一つに掲げています。両社の技術を融合しシナジーを最大限に発揮させることで、オリンパス単独では成し得ない革新的な製品を開発し、世界の医療の発展に貢献できるものと確信します」。
 
 
・設立
2013年4月16日

・資本金
5,000万円(ソニー51%、オリンパス49% 出資)

・本社所在地
東京都八王子市子安町四丁目7番1号

・役員
代表取締役 社長
勝本 徹
代表取締役 副社長
深谷 孝
取締役
大治俊哉
取締役
澁谷 昇
取締役(非常勤)
斎藤 端
取締役(非常勤)
田口晶弘
取締役(非常勤)
絹川正彦
監査役(非常勤)
原田 隆
監査役(非常勤)
若林章正
 
・事業内容
(1)4K以上の解像度技術、3D機能等を有する新型外科用内視鏡及びその関連システムの開発・設計・製造・販売
(2)手術室等向けの医療機器・映像機器の統合ソリューション事業など
 
・決算期
4月1日~3月31日
 
 
●お問い合わせ
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズ株式会社
広報窓口
Tel:03-6748-2200(ソニー(株)広報センター内)

ソニーURL:http://www.sony.co.jp/
オリンパスURL:http://www.olympus.co.jp/jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る