コニカミノルタヘルスケア、カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR(エアロディーアール)1012HQ」 の発売を発表

2013.04.05

コニカミノルタヘルスケア(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松﨑正年)は、世界最軽量※1のカセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR(エアロディーアール)1012HQ」を2013年7月に発売予定であると発表した。

【商品名】 AeroDR1012HQ
製造販売認証番号 222AIBZX00035000
【標準価格】 20,980,000円(税別)
【発売日】 2013年7月予定
【主な特長】
・ 世界最軽量※1
・ ワイヤレスタイプ(無線データ通信対応)
・ CR※2の約半分のX線照射量でも高画質

近年、医療情報のIT化が急速に進む中、X線撮影画像をダイレクトに取得出来るDR※3が普及してきた。同社は、画像データの送信が無線で行えるワイヤレスタイプのカセッテ型DR「AeroDR」シリーズを2011年より展開し、軽量かつ堅牢なハンドリングの良さと、低線量でも高画質な性能について多くの医療現場で高い評価を得ている。

今回、世界最軽量※1の1.7kgを実現した、「AeroDR」シリーズでは最小となる10×12インチサイズの「AeroDR1012HQ」をラインアップに加えた。カセッテサイズは、手などの小さな部位の撮影に使いやすく、保育器や小児用撮影台のカセッテホルダーにもJIS規格適合のサイズのため、簡単にセットできる大きさである。また整形外科では、膝、肩などの撮影をする際に患者がDRを手で支え持つため、小型で軽量なDRは患者の負担軽減になる。同製品をラインアップに追加することにより、「AeroDR長尺システム」と併せて、整形外科分野の全ての撮影を「AeroDR」シリーズで対応でき、より多くの医療現場でX線照射量の低減とデジタル画像診断のさらなる効率化に貢献できると考えている。

「AeroDR1012HQ」は、他の「AeroDR」シリーズと同様に、ヨウ化セシウム(CsI)シンチレータ(蛍光体)※4の採用により、CR※2に比べ約半分のX線照射量でも高画質の診断画像を得ることができる。さらに、環境・エネルギー分野を中心に次世代バッテリーとして注目されているリチウムイオンキャパシタ※5を採用。安全性が高く発火の危険性が無い、充電速度が速い、充放電を繰り返しても劣化しにくいという特長に加え、環境に配慮した省電力設計も兼ね備えている。

同社は、今後も医療用画像分野において最先端の技術開発に挑戦し、質の高い製品・サービス・ソリューションを通じてお客様へ新たな価値をご提供できるよう取り組んでいくと述べた。

【カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR1012HQ」の主な特長】
1.世界最軽量※1
内蔵されたバッテリーを含めても重量1.7kgと、ワイヤレスタイプDRとして世界最軽量を達成した。また、パネル筐体(外装)に、カーボンファイバーを採用し、これを継ぎ目の無い筒状モノコック構造として仕上げたため、荷重や衝撃に強い、堅牢性の高いパネルを実現することができた。
2.ワイヤレスタイプ
無線対応のワイヤレスタイプなので、操作の妨げとなるケーブルなどが無く、CRカセッテ使用時と同様の撮影環境を提供する。また、X線曝射後1秒台でコンソールモニターにプレビュー画像が表示されるので、撮影が適正だったか等の確認を瞬時に行う事ができる。
【CsI(ヨウ化セシウム)結晶の顕微鏡写真】
側面(左)と表面(右)
3.CRの約半分のX線照射量でも高画質
高いDQE※6性能と、ダイナミックレンジの拡大により、CRの約半分のX線照射量でも高画質の診断画像を得ることができ、患者への被曝リスクを大幅に低減することができるようになる。同社は、その高い材料技術と生産技術によって、均一で整った結晶を大面積に成長させたシンチレーター(蛍光体)※4を自社生産できる、世界でも数少ないメーカーである。この独自のCsI柱状結晶成長技術により、高いDQE(検出量子効率)値を実現したFPDを開発した。X線量を下げても高いDQEを維持できるのが特長である。また、従来機では約3.5桁(2μR ~7mR)のダイナミックレンジを、CRに近い約04桁(1.4μR ~ 12mR)まで拡大することに成功した。

4.省電力設計
画質性能や処理能力と消費電力はトレードオフの関係にあるため、高画質や高速処理を実現しようとすると、相応の消費電力が求められる。同社は、このトレードオフ問題に挑戦。画質を左右する重要部品でありながら消費電力が高いReadout IC※7の省電力設計に成功した。また、無線LANモジュールやCPUの省電力駆動の採用、センサー部への電力供給を維持したまま、その他の部品への電力供給をストップする「センサーオン待機」の実現など、様々な「ダイナミック電力制御技術」により、画質性能、処理能力を維持したまま大幅な消費電力の削減を達成している。このため、フル充電後では146画像/4.0時間※8の撮影が可能である。

5.業界初リチウムイオンキャパシタ採用のバッテリー
環境・エネルギー分野を中心に次世代バッテリーとして注目されているリチウムイオンキャパシタ※5を採用し、パネル本体に内蔵した。リチウムイオン二次電池に比べ、リチウムイオンキャパシタは安全性が高く、過充電、落下衝撃などに起因する発火の心配がない。さらに、充放電を繰り返しても劣化しにくいことから、バッテリー交換の必要も無く、交換の手間とコストがかからない。バッテリー交換用の取り出し口が無くなり、バッテリー内蔵の一体型構造が可能となるため、製品強度も格段に高くなる。

6.整形外科分野の全ての撮影を「AeroDR」シリーズで対応
整形外科におけるカセッテ撮影や小児撮影の分野で要望されている四つ切サイズ小型軽量カセッテ「AeroDR1012HQ」をラインアップに追加することによ
り、「AeroDR長尺システム」と併せて、整形外科分野の全ての撮影を「AeroDR」シリーズで対応可能となる。

※1:2013年4月5日現在。
※2:Computed Radiography: 従来のX線フィルムに代わり、イメージング・プレート(IP)上にX線画像を記録し、これを読み取り装置でデジタル画像に変換する。
※3:Digital Radiography: 照射されたX線をセンサーパネルで受光し、ダイレクトにデジタル画像を得るため、一般的にCRよりも画質が良く、また即時性に優れる。
※4:放射線を受けて可視光(蛍光)を発光する蛍光体。この発光効率向上により鮮鋭性に優れた放射線診断画像を得られる。
※5:キャパシタとは、静電容量(キャパシタンス)により、電荷を蓄えたり放出したりする電子部品の総称であり、日本ではコンデンサとも呼ばれている。
※6:受像器の画質を示す指標の一つがDQE(検出量子効率)で、この値が高いほどX線光子を効率よく捕獲でき、少ないX線量でも高い画質が得られる。
※7:センサーの各画素から電荷を読み出すための部品。
※8:1検査3撮影5分サイクル検査時。ポジショニング所要時間は約20秒を想定

【カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR1012HQ」の仕様】

● ここに記載の内容、仕様および外観は都合により予告なしに変更する場合がある。
● ここに記載の会社名・商品名は、各社の商標または登録商標である。

●お問い合わせ
コニカミノルタヘルスケア(株)
TE:042-589-1439
URL:http://konicaminolta.jp/healthcare/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る