GEヘルスケア・ジャパン、地域医療連携推進を加速する医療ITツールを発売

2013.03.26

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン(株)(本社:東京都日野市、社長:川上潤)は本日3月26日(火)、医療連携推進のためのソリューション第二弾として、医用画像や各診療科レポート、紹介状など規格の異なる各種医療情報を一元管理し、院内外での共有を可能にする統合管理・参照ツール「Centricity Clinical Archive(セントリシティ・クリニカル・アーカイブ:CCA)」を発売、超高齢社会において重要性が増す地域医療連携の推進に向けた取り組みを強化すると発表。

Centricity Clinical Archive(CCA)は、同社が国内展開を進める、超高齢社会向けの医療ソリューションの開発・提供を図る「Silver to Gold(シルバー・トゥ・ゴールド)」戦略の一環として国内投入する医療情報統合管理・参照ツールである。最大の特長は、医療施設間の情報共有・連携のために、医療情報を地域に分散して格納する仕組みを規定する「XDS」(Cross-Enterprise Document Sharing:施設間文書共有)に準拠していることである。これに伴い、これまで固有の規格を持ち、別々のシステム上で保管・管理されていた医用画像や患者・検査情報、紹介状などの医療情報を共通ルールのもとで一元的に統合管理できるようになる。

またCCAでは、一元的に統合管理された情報を、患者ごとに時系的・診療科横断的に一覧参照できるビューアー(XDS Consumer)を備えており、単一病院内の複数診療科をつなぐだけではなく、複数施設間の連携をサポートするような、情報の登録から参照までのトータルソリューションの提供が可能になりる。

Centricity Clinical Archive(CCA)の導入で、これまで院内に点在していた医療情報が集約され、必要な情報を必要な時に参照可能となる。そのため、院内の業務フローの効率化、ならびにより的確な情報をもとにした診療の質の向上につながると見込まれている。さらに、超高齢社会の到来による慢性期患者の増加に加え、医療 の地域格差がますます拡大する中、CCAを用いて異なる医療機関で患者情報や診療情報を標準化・共有化する仕組みを構築することで、一人ひとりの患者の状態に合わせた質の高い医療サービスを提供する地域医療連 携の推進に貢献することが期待されている。

お問い合わせ:
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
ブランチャード美津子/松井亜起
Tel:0120-202-021

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る