フィリップス・レスピロニクス、「フィリップス緊急通報サービス」について在宅介護事業で都内大手のケアサービスと提携を発表

2013.02.25

今年4~5月の本格稼働を目指して2月よりテストマーケティングを開始
 
 
 フィリップス・レスピロニクス合同会社(本社:東京都港区、職務執行者社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、(株)ケアサービス(本社:東京都大田区、代表取締役社長:福原敏雄、以下 ケアサービス)との間で、高齢者の自立した生活をサポートする「フィリップス緊急通報サービス」を利用し、緊急通報事業における今後の提携を前提としたテストマーケティングを開始することを発表した。
 在宅医療機器メーカーであるフィリップスと、利用者・家族から信頼される在宅介護サービスをきめ細かく提供しているケアサービスが協業をすることで、転倒検知ペンダントといった最新の技術を介護の現場で活用し、より高度な安心を身近な形で利用者・家族に届けることを目指す。また、地域の絆を醸成し、高齢化を見据えた社会づくりに貢献する。
 正式なサービス開始後、1年以内に1,000人以上の利用を見込む。また将来的には医療・介護連携を進める包括的な協業を模索する。
 
【テストマーケティング概要】
 普段から利用者と接しているケアサービスが利用者との直接のやり取りを、フィリップスが機器とコールセンターサービスの提供を行う。テストマーケティングを通して、協業の価値やプロセスなどを確認する。
 
・テストマーケティング開始:2013年2月25日~
・テスト地域: 大田区全域、世田谷区一部、品川区一部
 
※テスト期間にて、テストモニターへのヒアリングを中心に同サービスの評価を実施し、2013年4月~5月を目途にサービスの販売開始を予定している。
 
【フィリップス緊急通報サービスについて】
 「フィリップス緊急通報サービス」は、北米で35年以上の長い歴史を有し、延べ利用者数が600万人を超えシェアNo.1を誇る、高齢者の自立した生活をサポートするサービスだ。専用の通信機を自宅の固定電話に接続し救助が必要なときに首から下げたペンダントのボタンを押すだけで、24時間365日、フィリップスの安心サポートセンター(コールセンター)に通報することができる。転倒してケガをしたり気を失ってしまったときなど、自分でペンダントのボタンを押すことができない状況でも、ペンダントに内蔵されている複数のセンサーが転倒・転落を検知し、自動で同センターに通報を行う。
 
 
 
●お問い合わせ
フィリップス・レスピロニクス合同会社 お問い合わせセンター
TEL:0120-504-840
URL:http://www.philips-respironics.jp/
 
 

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る