日本ヒューレット・パッカードが参加するコンソーシアム、「柏の葉スマートヘルス」プロジェクトを2月2日より開始

2013.01.31

 柏市、三井不動産(株)、イーソリューションズ(株)、日本ヒューレット・パッカード(株)、(株)メディシンクをはじめとするコンソーシアムは2月2日から、ICTを活用して日常の健康状態を“見える化”するサービスの実証事業「柏の葉スマートヘルス」プロジェクトを、柏の葉スマートシティ(千葉県柏市・柏の葉キャンパス地域)において開始する。「柏の葉スマートヘルス」プロジェクトでは、最先端のリストバンド型ライフレコーダー(活動量計)や通信機能付き体組成計といったデジタル健康機器をICTネットワーク経由で健康データ分析システムに連携させ、パソコンやスマートフォンで利用者の健康状態を表示するサービスを提供する。同サービスを利用することで、運動量や消費カロリー、体脂肪率などの基礎健康データだけでなく、睡眠や活動内容など24時間の生活リズムまで細かく確認でき、現在の健康状態や体調変化の原因が簡単に分かるようになる。
 「柏の葉スマートシティ」は、病気になってから先進医療で治療するのではなく、病気にならないための自発的な健康増進・疾病予防を促すプログラムを提供することで、市民の健康レベルを上げて社会保障費の削減を実現する新たな街づくりモデルを目指している。今回の新サービスは、健康長寿都市を目指す「柏の葉スマートシティ」の主要プログラムとして発展させていくために、まずは約1ヵ月間の実証事業として住民から参加モニタを募り実施する。参加モニタには当サービスの利用に必要となる機器やアプリケーションを無償貸与し、サービス利用を通じた健康増進効果を検証していく予定だ。
 
 
「柏の葉スマートヘルス」プロジェクトの主な特徴
■24時間装着可能なリストバンド型ライフレコーダーを使用
■国内初、睡眠も含めた24時間の活動内容を“見える化”する「生活シーン分析」を実現
■複数のデジタル機器を連携させてあらゆる健康データを管理するトータルヘルスケアシステム
■ランキングや目標設定などの楽しく継続的に利用してもらう機能
■保健師や管理栄養士をはじめとした専門家による健康指導・アドバイスを提供
■専用SNSによって利用者同士が健康情報を交換し合う健康コミュニティを創出

 
詳細については下記より閲覧可能。

http://www.medithink.co.jp/wp/wp-content/uploads/2013/01/c5ba5b0c5aa61f93db2b661914b852f5.pdf

 
 

●お問い合わせ
(株)メディシンク
「柏の葉スマートヘルス」プロジェクト事務局
TEL:03-6459-3960
URL:http://www.medithink.co.jp/
 
 

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る