ボストン・サイエンティフィックペースメーカー「インジェニオ」を発売

2013.01.10
 ボストン・サイエンティフィックジャパン㈱(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:内木祐介)は、新型のペースメーカ「インジェニオ」を発売した。販売開始は1月7日である。
ペ一スメーカは、徐脈治療のためにデザインされている。徐脈とは心拍が遅くなる(通常1分間に60拍未満)ことにより、体に十分な酸素が供給されなくなってしまう病態である。その中で、身体活動に対して心臓が心拍数を適切に調節できなくなる変時性不全という病態がある。これにより歩行や階段を上るといった日常動作中に疲れや息切れを感じることがある。
 同製品はペースメーカとしての先進的な機能に加え、変時性不全等の心拍数の上がりにくい疾患に対して、生理的な心拍数を提供するためにデザインされたライトレート ペーシングテクノロジーを有している。ライトレートは、ボストン・サイエンティフィック社のミニッツ ベンチレーション(MV)センサーの新しい呼称であり、従来機種よりもその設定を簡略化し、診療時間の短縮を実現する。さらに、不必要な心室ペーシングを低減させるリズミック機能を搭載したことで、従来に比べてよりよい生理的なペーシングを提供することができるようになった。同社ではこの2機能を併用したペーシング方法を Life Adaptive Pacingと称して、ペーシング治療を提供することを念頭においている。

医療機器承認番号:22400BZX00305000
販売名:インジェニオ(DR) 償還価格:¥1,000,000
販売名:インジェニオ(SR) 償還価格:¥ 733,000

●お問い合わせ
ボストン・サイエンティフィック ジャパン㈱
コーポレート マーケティング部
TEL:03-3343-9411
URL:http://www.bostonscientific.jp/home.bsci

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る