GEヘルスケア・ジャパン、最新PACS「Centricity PACS 4.0」を群馬県立心臓血管センターに国内初導入

2012.12.26

読影医の負担軽減、読影精度・効率アップを実現、診断の質向上や待ち時間短縮を目指す
 
 

 GEヘルスケア・ジャパン(株)(本社:東京都日野市、社長:川上潤)はこのほど、本年7月に発売したGEヘルスケア製PACS(医用画像管理システム)の「Centricity PACS 4.0(セントリシティ・パックス4.0)」を、群馬県立心臓血管センター(所在地:群馬県前橋市、院長:大島茂、http://www.cvc.pref.gunma.jp/)に国内初導入した。
 同センターで稼働を開始したCentricity PACS 4.0は急増する読影医の負担軽減に向けて、国内の数多くの読影医のニーズをもとに創り上げたPACSの新製品。柔軟性の高い画面表示や直感的な操作で読影をサポートする「ナビゲータ」機能を搭載したのが最大の特長で、読影医の負担軽減や読影精度・効率のアップを実現する。臨床的には、診断精度の向上や結果報告までの待ち時間短縮など、患者のメリットにもつながると期待されている。 群馬県立心臓血管センターは病床数240床、循環器内科や心臓血管外科から、消化器外科や整形外科まで標榜診療科8科を擁する地域医療支援病院。虚血性心疾患や不整脈、心不全など循環器領域全般において高度専門医療を提供しているほか、最近は植込型補助人工心臓の植え込みやステントグラフト治療など、循環器内科と心臓血管外科の協働治療も手がけている。同センターはこれまで10年以上にわたりGEヘルスケア製PACS「Centricity」シリーズを継続利用しているが、手がける診療レベルの高度化にあわせてPACSのアップグレードが必要と考え、今回機能や操作性を改良した最新モデルを国内に先駆けて導入するに至った。
 Centricity PACS 4.0を国内初導入した同センターの小山恵子氏(同センター放射線科部長)は、「Centricity PACS 4.0で搭載されたナビゲータ機能を活用することで、比較検査のリストがすぐに表示され、選択した検査ごとにシリーズの写真がサムネイル表示されるので比較画像が見やすくなった。目で直感的に目的の画像を確認し操作できるところが良い。また画面上のどの場所からでもマウスの右クリックでナビゲータを表示でき、サムネイル内の小さなマウスの動きで診たい画像をレイアウト配置できるようになり大変使いやすくなった」と、Centricity PACS 4.0のナビゲータ機能を高く評価している。
 Centricity PACS 4.0に搭載したナビゲータは、柔軟性の高い画面表示や直感的な操作で過去の撮影画像との比較読影を支援する機能で、従来は過去の画像を検索・選択して希望のレイアウトに配置するには、数多くの操作やマウスの移動を伴ったが、ナビゲータではサムネイルを活用した見やすい画面表示と、最少のステップかつ最短のマウス動線での画像操作を実現、大量の画像を最小限の労力で的確に操作が可能。
 また小山氏は、「Centricity PACS 4.0はこれまでの旧モデルと比べて比較画像が抽出しやすくなり、画像を探す手間が省けるようになったほか、画像ごとのリンクもしやすくなったので、現画像と過去画像での比較が容易になり、診断指導においてもメリットがあるとみている」と、Centricity PACS 4.0の読影医教育における有用性、ならびに読影医のレベルアップによる読影精度の向上にも期待を寄せている。加えて、「カラーリングが目に優しく、楽になり、疲労感も少なくなった」と、淡いグレーを基調としたライトオフスキン画面の利点についても言及した。
 同社では今回の初稼働を皮切りに、「Centricity PACS 4.0」を含めた医療ITソリューションを、すでにCentricityシリーズを導入している医療機関のアップグレード、ならびに放射線科を有する中・大規模病院の新規購入を主対象に積極的に販売していく予定だ。また、医療機関のニーズに細やかに対応できる多彩な医療ITソリューションの導入を通じて、日本が今後直面する超高齢社会に不可欠な在宅医療や地域医療連携、遠隔医療などをサポートし、「人にやさしい、社会にやさしい」医療の実現に貢献することを目指す。
 
 
<製品概要>
製品名:Centricity PACS 4.0(セントリシティ・パックス4.0)
発売日:2012年7月3日
初年度国内販売目標:50台
医療機器認証番号:Centricity PACS 4.0に含まれるワークステーション
RA1000:20600BZY00483000/その他は認証対象外
 
 
●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
TEL:0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/index.html
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る