コニカミノルタホールディングス、グループ会社7社を吸収合併する経営体制の再編を発表

2012.10.12

 コニカミノルタホールディングス(株)は、10月10日開催の取締役会において、平成25年4月1日付で、「コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社」などグループ会社7社を吸収合併する経営体制の再編を行うとともに、同社商号を「コニカミノルタホールディングス株式会社」から「コニカミノルタ株式会社」へ変更し、現行定款を同社が事業を営むことができるように変更することを決議した。なお、本合併は100%子会社を対象とする簡易吸収合併となる。

 同社グループは、平成15年8月の経営統合以降、同社を持株会社とする分社体制のもと、強みを発揮できる事業分野へ経営資源の集中を進め、中核事業である情報機器事業の業容と規模の拡大に重点を置き、統合効果の最大化に取り組んできた。この間、オフィス分野においては海外のカラー市場でトップクラスのポジションを確保するとともに、育成・強化に注力してきたプロダクションプリント分野を売上高1,000億円の事業へと成長させた。また、産業用材料・機器分野においても強みとする技術を活かして、薄膜タイプの液晶偏光板用TACフィルムなど同社独自の領域を開拓し、事業規模を拡大してきた。一方、平成18年3月期にはカメラや写真感光材料などのフォトイメージング事業の終了を決定、平成23年3月期には印刷用フィルム生産を終了するとともに残りの印刷関連部門を情報機器事業へ編入した。
 今回の同社グループ経営体制の再編は、企業価値向上のための取組みのスピードを一層加速させるため、「情報機器事業の経営力の高度化」、「戦略的・機動的な経営資源の活用」、「効率的な事業支援体制」の実現を目指したものとなる。

1. 情報機器事業の経営力の高度化
 同社グループ売上高の約7割を占める情報機器事業において、その業容を転換しつつ成長と高収益化を実現するために、同社が同事業の経営に直接関わる体制に再編し、業務革新力並びに経営管理力を強化する。
2. 戦略的・機動的な経営資源の活用
 有機EL照明をはじめとする機能性フィルムや産業用インクジェットなど将来有望な事業分野での成長を加速するとともに、高収益化が必要な事業分野における経営変革を促進するために、戦略的・機動的な組織変更や人材配置ができる体制に再編する。
3. 効率的な事業支援体制
 分社体制の利点は残しつつ、これまでの分社に伴う非効率化、機能分散による組織力の弱体化を是正し、各事業を支援するコーポレート機能を強化する体制に再編する。

●お問い合わせ
コニカミノルタホールディングス(株)
広報グループ
TEL:03-6250-2100
URL:http://konicaminolta.jp/
 

吸収合併を行う範囲
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る