GEヘルスケア・ジャパン、PET/CT 「Discovery」シリーズ 最新2機種を発売

2012.10.11
Discovery PET/CT 710/Discovery PET/CT 610
 GEヘルスケア・ジャパン(株)(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:川上潤)は10月22日、PET(陽電子放射断層撮影装置)とCT(コンピューター断層撮影装置)を一体化したPET/CT「Discovery(ディスカバリー)」シリーズの最新2機種を発売する。
 今回市場投入するのは、先進の画像再構成技術を搭載した「Discovery PET/CT 710(ディスカバリー・ペットシーティー・710)」と、高感度検出器を搭載した「Discovery PET/CT 610(ディスカバリー・ペットシーティー・610)」の2機種。両装置の最大の特長は、病巣の良悪性を判断する指標の1つであるPETの定量値の測定精度を高め、がん治療の効果判定における信頼性・安定性を向上させたことだ。臨床的には、がん患者の最適な治療方針の見極めを後押しし、がん治療の的確なサポートに貢献すると期待されている。
 
●PET/CTの新たな臨床トレンド 「治療効果判定」とこれまでの課題
 同社が2003年に国内初のPET/CT「Discovery LS」を発売して以来、同装置はこれまで主に腫瘍や脳、心臓の機能検査に活用されてきた。近年、PET/CTが全国に広く普及し、検査数も伸びるにつれ、放射線科以外の臨床医を中心に、がん治療の効果判定にPET/CTを活用する動きが活発になってきている。
 PET/CTやPETは体内に投与した放射性薬剤の集積を画像化し、代謝や血流などの生理学的・生化学的な機能を捉えるが、その際投与した薬剤が体内にどのくらい分布しているかを数値化できる。このPET定量値(SUV)を投薬前後に測定・比較することで、治療薬の効果を簡便に確認でき、測定結果に応じて今の治療を続けるか、あるいは異なる治療法を選択するか、最適な治療方針を見極められるようになる。
 この治療効果判定には、PET定量値が正確で一貫性のあることが前提条件となるが、これまでは呼吸性の臓器の移動など検査状況よって数値にバラつきが出るといった課題があった。そのため、治療効果判定の精度アップに向け、信頼できるPET定量値を安定的に生成することが求められていた。
 
●PET定量値の信頼性と安定性を高め、より確かな治療効果判定に貢献する新PET/CT
 この定量精度の低さを改善し、PET定量値の信頼性と安定性を高めたのが今回発売するDiscovery PET/CT 710とDiscovery PET/CT 610だ。両装置では新開発の「Q.Suite(キュースイート)」と最適設計された検出器の搭載で、定量精度の向上と検査ごとのバラつき低減を実現した。
 Q.Suiteは、定量性(Q:Quantitation)を劣化させる様々な要因を解決・低減する機能をまとめてパッケージ化したもので、その目玉となるのが呼吸同期の収集時間を短縮しながら定量性と画質の向上を実現する「Q.Freeze(キューフリーズ)」。臓器の動きによる影響を低減するため、呼吸にあわせて撮影する呼吸同期収集は、通常の検査に比べて時間がかかり、検査効率の低下を招いていた。新開発のQ.Freezeでは国内で初めて、定量性と画質を高めつつ、呼吸同期収集時間を従来に比べて3分の1程度に短縮することに成功、検査効率の大幅アップを実現している。
 またDiscovery PET/CT 710とDiscovery PET/CT 610では、定量測定に最適設計された検出器を搭載して測定精度を向上しているほか、検出器の自動点検機能を備え、検出器が日々安定した性能を発揮できる体制を整えている。
 Discovery PET/CT 710とDiscovery PET/CT 610はこれらをもとにPET定量値の測定精度を高めることで、PET/CTの新たな臨床トレンドであるがん治療の効果判定における信頼性・安定性を向上。質の高い治療効果判定を可能にすることで、がん患者の最適な治療方針の見極めを後押しし、がん治療の的確なサポートに貢献すると見込まれている。

 
 
●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
Tel: 0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/index.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る