ギブン・イメージング社が、大腸用カプセル内視鏡PillCam COLON2のレジメンは院外で実施可能であるとする研究結果が報告されたことを発表 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

ギブン・イメージング社が、大腸用カプセル内視鏡PillCam COLON2のレジメンは院外で実施可能であるとする研究結果が報告されたことを発表

2012.05.29

ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は、5月22日、PillCam COLON2のレジメンの院外での実施の可能性を評価したデータを含め、PillCam COLON2に関する複数の新しい研究結果が報告されていると発表。これらの研究結果は、5月19日から22日までサンディエゴで開催された米国消化器病週間(DDW)の米国消化器内視鏡学会(ASGE:American Society forGastrointestinal Endoscopy)研究フォーラムで発表された。

イスラエル・エルサレムのビクール・ホリム病院消化器科のDr. Samuel Adlerは、「PillCam COLON2による大腸カプセル内視鏡検査のレジメンは病院内でなくても実施可能である」(抄録219)と題し、PillCam COLON2は大腸がん検診ガイドラインに基づいた内容で受診率を向上させる可能性があることを示した。Dr.Samuel Adlerは次のように述べている。「PillCam COLON2は鎮静剤や送気を必要とせずに実施でき、従来の大腸内視鏡検査では見落としてしまう可能性があるポリープを検出することもあります。今回の研究で病院内でなくてもPillCam COLON2のレジメンが実施でき、その有用性が実証されました。本研究の知見は、特に従来の大腸内視鏡検査を嫌がる患者や検査に耐えられない患者を含め、大腸がん検診ガイドラインで勧告されている検診を受診する患者を増やすことにつながります」

また、スペイン・セビリアのヴィルゲン・マカレナ大学病院消化器科のDr. Mileidis E.San Juan-Acostaらは、「潰瘍性大腸炎患者の大腸粘膜評価におけるPillCam COLON2と大腸内視鏡検査の比較(予備データ)」(Mo 1390)と題し、PillCam COLON2は潰瘍性大腸炎の重症度と範囲を大腸内視鏡検査と同程度に評価することができると結論している。本研究の予備データでは、PillCam COLON2と大腸内視鏡検査とで統計学的な有意差が示されなかったことから、PillCam COLON2を潰瘍性大腸炎に新規適応できる可能性があることも示された。

イタリア・ローマのカトリック大学消化器内視鏡科のDr. Cristiano Spadaらは、「臨床現場における大腸用カプセル内視鏡検査の導入と実施に関する初めてのガイドライン」(Tu 1652)と題するポスター発表で、臨床診療における4つのキーポイントについて論じ、大腸用カプセル内視鏡検査を臨床現場および日常業務に導入して実践する方法に関する総合的な枠組みを提示した。Dr. Cristiano Spada らが主導するガイドラインは専門家の意見をベースに策定され、欧州消化管内視鏡学会(ESGE)の公式機関誌である『Endoscopy』5月号に発表されたばかり。このガイドラインは、新しいエビデンスが確認され次第、2014年またはそれより前に再検討されることになっている。
※PillCam COLON2は現在のところ、米国、日本におけるの薬事承認を取得していない。

PillCam COLON2の詳細は下記サイトより。
http://pillcamcolon.com/

●お問合せ先
ギブン・イメージング㈱広報代理
㈱ブレインズ・カンパニー
TEL:03-3496-1091
URL:http://www.givenimaging.com

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る