日本ヒューレット・パッカード、国立遺伝学研究所が最先端の生命科学研究基盤にHP ProLiant Gen8を導入したと発表 | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

日本ヒューレット・パッカード、国立遺伝学研究所が最先端の生命科学研究基盤にHP ProLiant Gen8を導入したと発表

2012.04.18
 日本ヒューレット・パッカード(株)(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一/以下、日本HP)は4月18日、大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所(所在地:静岡県三島市、所長:小原雄治)に、HP ProLiant サーバー Generation 8 (以下、HP ProLiant Gen 8)をはじめとする、350台以上からなるサーバーシステムを導入したことを発表した。

 国立遺伝学研究所は、生命科学・遺伝学分野における国際水準の先端的研究機構であり、国際塩基配列データベース「日本DNAデータバンク」(DDBJ : DNA Data Bank of Japan)、およびそれらデータの各種検索/解析のための計算基盤(スーパーコンピューターシステム)を整備し、共同利用機関として国内外に提供している。

 生命科学・遺伝学分野においては、様々な実験処理や解析対象となるデータ量が年々加速度的に増え続けており、それらのデータを高速に、かつ効率的に処理するためのIT基盤の再整備が必要不可欠となっていた。

 日本HPはDDBJおよび検索/解析用計算基盤の刷新に際して、求められる業界最高水準の演算性能と、省スペース・省電力といった環境性能を両立した「HP ProLiant Scalable System」を国立遺伝学研究所から高く評価され、同基盤の中核となるサーバープラットフォームとして、国内で初めてHP ProLiant Gen8が採用された。

 また、大容量の共有メモリを搭載する「HP ProLiant DL980 サーバー G7」、ならびにInfiniband高速ネットワーク製品など、幅広いHP製品ポートフォリオと組み合わせて導入し、国内外の研究者に対し様々な実験処理とビッグデータ解析など多様化する研究基盤の実現を支援していく。

◆導入システムの概要
・HP ProLiant SL230s Gen8 x 288台
・HP ProLiant SL250s Gen8 x 64台
・HP ProLiant DL980 G7 x 2台 他

◆国立遺伝学研究所HP
http://www.nig.ac.jp/

◆日本DNAデータバンク(DDBJ)HP
http://www.ddbj.nig.ac.jp/index-j.html

●お問い合わせ
日本ヒューレット・パッカード(株) カスタマー・インフォメーション・センター
TEL:03-5749-8291
URL:http://www.hp.com/jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る