ファイルメーカー、iPad/iPhone/Windows/Mac/Web向けFileMakerデータベースを開発するための70を超える技術およびビジネスのセッションを実施

2012.03.06

 ファイルメーカー(株)は、2月6日(火)、毎年恒例で開催されている、FileMaker Developer Conference 2012のイベントスケジュールのハイライトを日本のユーザ向けに発表した。このカンファレンスは、世界中から個人や企業のFileMakerデータベース開発者、トレーナー、ユーザが一堂に会するイベントで、年に一度開催される最大規模のもの。本年は米国時間の2012年7月16日(月)から19日(木)まで、フロリダ州マイアミにあるフォンテンブローホテルにて開催される。

 カンファレンス参加者は、FileMakerスタッフと出展者によるエキサイティングなデモンストレーションを見て、iPhoneやiPad向けのカスタムソリューションの開発や、よりプロフェッショナルなデータベースの構築、Web ソリューションの拡張などについて学ぶことができ、参加する開発者は技術的な専門知識を高められることに加え、4日間のイベントの間に、35 以上の国から参加する1,100人を越えるFileMakerファンと交流し、ネットワークを広げられるという。

 FileMaker Goは、iPadとiPhone向けのビジネスデータベースとしてトップセールスを誇るアプリだが、このFileMaker Goで動作するソリューションに対するニーズの高まりに応えて、本年度のカンファレンスでは、以下のような幅広い内容のFileMaker Go関連セッションが用意されている。

・FileMaker Goソリューションをデザインするためのガイドライン
・iOSモバイル・デバイスの管理
・FileMaker Goのトップクラスのレイアウト・デザイン
・FileMaker Goの質の高いインターフェース・デザインパターン
・FileMaker Goの拡張
・イベント・サービス業界のケーススタディ:FileMaker Goによるビジネス課題の解決
・オフライン・ソリューションのデザイン:インターネット接続がない環境で使用可能なFileMaker Goソリューションの開発
・FileMaker Goソリューションの自社導入する際の課題と解決方法

 その他の技術およびビジネスのセッションには、以下の内容が含まれる。

・FileMakerでのマッピングと位置情報
・FileMakerのセキュリティ
・サーバー構成のベストプラクティス
・関数として利用するスクリプト
・構造化されたI/Oを活用した再利用可能なスクリプト
・うまく切り抜けよう – FileMaker ProでWebデータの取得
・FileMaker Proで商用ソリューションを開発する10の法則
・コンサルティング会社として成功するには
・その他

セッションやショーケースの全リストは下記ページでご覧ください。
www.filemaker.co.jp/devcon

 なお、このカンファレンスに2012 年 5 月 22 日までに参加登録を完了すると、早期登録優待プロブラムにより、参加登録費が 23,000円割引され、通常の「スタンダードパッケージ」は99,000円、すべて込みの 4 日間パス「ゴールドパッケージ」は 145,000円でお申し込み可能。この 4 日間パスには、通常のカンファレンス・セッションのほか、プレカンファレンス・セッションと FileMaker Training Series セッションも含まれる。有償でカンファレンスに出席する参加者は特典として、FileMaker Pro Advanced(58,000円相当、税別希望小売価格)を受け取れる。

●お問い合わせ
ファイルメーカー株式会社
TEL:0120-983-850
URL:www.filemaker.co.jp

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る