フィリップス エレクトロニクス ジャパン、CT 装置「Ingenuity CT」のシリーズ新型2 機種「Ingenuity Core128」、「Ingenuity Core」の販売を開始

2011.11.28
Ingenuity Core128、Ingenuity Core
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:
ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、CT 装置「Ingenuity Core128」(インジェニュイティー・コア128)および「Ingenuity Core」(インジェニュイティー・コア)の販売を開始したことを発表した。「Ingenuity Core128」(128 スライス)と「Ingenuity Core」(64 スライス)は、本年4 月より販売を開始したCT 装置「Ingenuity CT」(インジェニュイティー・シーティー)のシリーズ機種で、Ingenuity ファミリーとして位置づけられている。
フィリップスは、このCT 製品ラインナップの拡充によって、多様化するニーズに対応する。Ingenuity ファミリーは、同一プラットフォームを有しているため、将来的な拡張
を容易にする。第4 世代の逐次近似再構成法として開発されたiDose4(アイドーズ・フォー)と呼ばれる機能を搭載することも可能となり、高画質と被ばく低減の両立、また造影剤減量を実現する。演算処理スピードにおいてもRapidView IR(ラピッドビュー・アイアール)という新しいリコンストラクターをインテグレートすることで大幅なスピードアップを可能とする。X線管球とX 線発生器も新しくなり、ダイレクトクーリング、セグメンティドアノード、ベアリングレス回転の技術を持つ新型X 線管球であるMRC Ice(エムアールシー・アイス)を採用し、80kW の新型ハイパワージェネレーターと組み合わせた。こうした新しい技術を採用することで広い臨床領域における診断能力と検査効率の向上を期待することができます。

■「Ingenuity Core128」、「Ingenuity Core」の主な特徴
・第4世代の逐次近似再構成法iDose4 を搭載可能
・高速リコンストラクターRapidView IR をインテグレート
・ダイレクトクーリング、セグメンティドアノード、ベアリングレス回転の技術を持つ新型X線管球、MRC Ice を搭載
・80kW の新型ハイパワージェネレーターを搭載
・容易な将来拡張性を持つ、アップグレータビリティー

iDose4(アイドーズ・フォー)について
逐次近似法を応用し、画質を維持したまま被ばく線量を最大80%低減する第4 世代の逐次近似法を用いた画像再構成法ユニット。従来法に比べ大幅に画像ノイズを低減し高分解能画像が取得でき、CT 特有のアーチファクトも抑制できます。またRapidView IR(ラピッドビュー・アイアール)という新しいリコンストラクターを搭載することにより、逐次近似再構成法の課題とされてきた画像再構成時間が長くなる問題を解決し、従来と変わらないワークフローを実現する。

■お問い合わせ
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部
TEL: 0120-556-494
URL:http://www.philips.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る