キヤノンメディカルシステムズ、AIを用いて設計したCT再構成技術を高精細CT Aquilion Precisionに搭載

category:取材速報
2018.04.10

 キヤノンメディカルシステムズ(株)は、AIを用いて設計したCT再構成技術「AiCE (Advanced Intelligent Clear-IQ Engine)」(エース)を高精細CT Aquilion Precisionに搭載し、世界に先駆け日本で先行販売を開始する。
 同社は、低線量で高画質な画像を提供する再構成技術として、これまでAIDR 3D(Adaptive Iterative Dose Reduction 3D)や、FIRST(Forward projected model-based Iterative Reconstruction SoluTion)を開発してきた。今回、AI(Artificial Intelligence)技術の一つであるディープラーニングを用いて設計した再構成技術である「AiCE」を新たに開発した。4月13日(金)~15(日)のITEM2018国際医用画像総合展(パシフィコ横浜)にて本製品を展示する。

 AiCEは、ディープラーニングを用いて設計されたノイズ成分とシグナル成分を識別する処理で、分解能を維持したままノイズを選択的に除去する再構成技術だ。ディープニューラルネットワークの学習に用いるデータには、同社のMBIR(Model Based Iterative Reconstruction: FIRST)で得られた高品質データを用いている。CTスキャナが持っている最大限の分解能を引き出しながら、高いノイズ低減効果が得られる。これにより、高品質な画像を、より線量を下げて、提供することが可能となる。

AiCEの特徴

1)FIRST同様、空間分解能の向上や大幅なノイズ低減効果が得られる。

2)通常のMBIRでは困難であった低コントラスト領域における高いノイズ低減効果や粒状性の維持効果が良く、低線量領域での安定した画質改善効果が得られる。

3)ディープニューラルネットワークを用いて複雑なモデルや繰り返し演算の結果を組み込んでいるため、通常のMBIRよりも短時間で画像再構成が可能。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
ホームページ:https://jp.medical.canon/
Aquilion Precision、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る