第40回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会 ブース取材:日立製作所

category:取材速報
2018.03.26

超音波診断装置
日立製作所「ARIETTA 850」
 ARIETTA 850のSML44プローブはCMUT技術向上によって、超音波パルスの劣化も少なく広帯域になった。従来では複数必要となる検査も1本で済むようになり検査効率も向上した。
 超音波送受信技術「eFocusing」では送信フォーカス依存が軽減されたほか、より高品質なBモード画像の描出を可能とした。他にモニタアームの可動範囲を大きくして検者の負担を低減したり、専用のサイドフックを用意してプローブのケーブルが絡まないようにするなど、細部にまで工夫が行き届いている。

「ARIETTA 850」
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る