バルコ、「Coronis Uniti」、「new Nexxis」等の新製品紹介のプレスミーティングを開催

category:取材速報
2015.04.08
Coronis Uniti
SpotViewTMの機能(微細な患部や病変部分に焦点を合わせて輝度・コントラストを上げることができる)
Coronis Fusion 6MP LED
Nio 5MP LED
グラスパネルを拭いて常に清潔に保つことができるのも、医用モニタとしては重要なポイントだ
MDSC-8258
58インチの超高解像度LCDスクリーン
Nexxis IVR Solution
MDSC-8258とMDSC-8232 4Kを用いた“Nexxis”のデモンストレーション
バルコ(株)はITEM2015に先立ち、2015年4月2日に同社ビル(東京都大田区)において製品紹介のプレスミーティングを開催した。プレスミーティングでは12MP解像度33インチの超解像度医用画像表示用モニターCoronis Uniti、サージカル用4Kモニター、IPネットワークを使ったIVR向け画像伝送ソリューションnew Nexxis等が紹介された。

Coronis Uniti

新世代のオール・モダリティ医用画像表示ディスプレイ。高精細・高輝度専用液晶パネルによる画質向上だけでなく、読影のワークフロー統合と快適性の向上による高い生産性の提供を目指して開発されたバルコ社のフラッグシップモデル。
33インチ、1,200万画素の液晶大画面ディスプレイは、21インチディスプレイ2台分の高精細カラー・モノクロ画像を1台で同時に表示し、より多様な画像配置を可能にする。独自の均一性技術「カラーPPUTM」と新開発DuraLight BrillianceTM、およびSteadyColorTMの搭載、RapidFrameTM技術により飛躍的に画質性能が向上した。最新の生産性向上ツール(SpotViewTM、DimViewTM、SoftGlowTM)を搭載し、より高い読影効率を支援する。
常時監視型自動品質管理フロントセンサー「I-GuardTM」が画面品質管理ソフトウェアMedical QAWebTMと連動し、画面品質を維持。多層コーティングされた防護ガラスは映り込み・反射を低減し、傷が付きにくく、液晶パネルを安全に、より清潔に使用できる。

Coronis Fusion 6MP LED/4MP LED

Coronis Fusion 6MP/4MPシリーズの最新バージョン機。両機とも、30インチ液晶パネルは、21インチ3MPカラーディスプレイ2台分の高精細カラー画像を1台で同時に表示。最新の第5世代IPS-Pro液晶とLEDバックライト技術が採用されており、画質と省電力性能、そして読影快適性の向上が実現されている。バルコ独自の均一性技術カラ―PPUTM搭載。多層コーティングされたグラスパネルはより快適な視野を提供し、液晶パネルを長期間、物理的損傷から保護する。
最新の生産性向上ツール(SpotViewTM、DimViewTM)を搭載し、より高い読影効率を支援。特許技術の常時監視型自動品質管理フロントセンサーI-GuardTMが、標準装備の画面品質管理ソフトウェアMedical QAWebTMと連動し、画面品質を常時監視・自動補正。

Nio 5MP LED

2014年末に販売を開始したプレミアムグレード機Coronis 5MP LEDの兄弟機種。バルコ社の新型LEDプラットフォーム“NEXT”デザインシリーズとして開発された。画質性能の向上と日本市場に合わせた省スペース・省エネルギー設計を両立した新しい5MP標準グレード機だ。
高輝度21インチ5MPモノクロモニタは主にデジタル・マンモグラフィ画像表示用途を想定。最新のIPS液晶とLEDバックライト技術を搭載し、高画質性能(500cd/m2、1200:1)と従来製品比-45%の省電力(定格比)も両立した。多層コーティングされたグラスパネルは、画像の鮮鋭度と耐久性が高い。
新世代NEXTデザインは、病院・医療施設のプロフェッショナルに向けた新感覚デザイン。より薄く省スペースで、デスク回りをより有効活用できる。

サージカル用4Kディスプレイ MDSC-8258/8232

ハイブリッド手術室、インターベンションで使用するため設計された大画面外科用ディスプレイ。MDSC-8258はQHD解像度(3840×2160ピクセル)の58インチLCDパネル(16:9)と、長寿命・低電力のLEDバックライトを装備し、正確なDICOM準拠のモノクロ・カラー画像を超低遅延で提供する。
大画面で超高解像度のLCDスクリーンは、外科環境に配備されるマルチモニター構成での安全性・効率を向上させ、オプション構成の冗長性電源アーキテクチャは、最もクリティカルな条件で安定した信頼性のある動作を保証する。
MDSC-8232 4K displayは、32インチサージカル画像表示用ディスプレイ。広い色域と超高解像度(4,096×2,160ピクセル)を持ち、色再現性の非常に高い高精細画像(550cd/m2、1450:1)を低遅延で提供するので、4K解像度の内視鏡カメラやインターベンションのコントロールルームなどに最適だ。


Nexxis IVR Solution

IPネットワークによる非圧縮画像伝送を行うハイブリッドオペ室向け可視化ソリューション。内視鏡カメラや生理学的データ、外科用ディスプレイ等さまざまな映像信号をIP変換して一元管理し、非圧縮画像を遅延なしで伝送。非圧縮フォーマットの高画質な画像を遅延なしで高速配信することで、手術の確度が向上し、適切な処置に貢献する。
入力信号は理論上、無限大で、複数のUI(医療グレードタッチパネルPC)でどこからでも自由に映像信号の配信が可能。また、検査室、制御室の映像信号すべてを配信・制御できる。さらに、信号が一元化されるのみならず、さまざまなサイトで画像を共有することが可能となる。
配線はOptic Fiber cableに統一され、シングルベンダーソリューションにより保守性も改善。10Gbps IP Networkの採用で将来拡張性にも優れ、トータルコストの削減が可能となっている。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る