ブース速報・第78回日本循環器学会学術集会:日立アロカメディカル

category:取材速報
2014.03.26

Vector Flow Mapping

 日立アロカメディカルブースでは血流の方向を表示することができるソフトウェア「Vector Flow Mapping」が展示されていた。
 超音波診断装置で得たカラードプラ情報と心壁の運動情報から超音波ビームと直行方向速度成分を求め、血流の速度ベクトル表示を実現するもの。血流の方向を矢印で表示することができ、これをつなぎ合わせることで流線表示が可能となっている。そのため血流の様子が視認しやすく、血液の主に摩擦によるエネルギーのロスを見ることや、血流が心・血管内膜をこする力(ずり応力)を定量的に解析することができる。
Vector Flow Mapping
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る