NEC、医療セミナー2011を開催

category:取材速報
2011.03.02

NEC、医療セミナー2011を開催

山口琢也氏
村田晃一郎氏
展示会場の様子

日本電気株式会社(以下NEC)は、2月25日(金)、NEC本社ビル(東京都港区)にて、「NEC医療セミナー2011」を開催した。本会では講演と最新の医療情報ソリューションの展示が行われ、大勢の医療関係者が集まった。
講演会場では、山口琢也氏(NEC医療ソリューション事業部)の挨拶ののち、二つの講演が行われた。
村田晃一郎氏(北里大学病院)は「医療現場におけるマネジメントサイクルについて-参照と評価の連鎖-」と題して講演。「少子高齢化が及ぼす影響として、 癌が致死的でなくなることを含めて慢性疾患が増加して、それに伴い病歴管理も長期化し、長期間維持・保存すべきデータ量が増大している」と述べて、データ と業務のマネジメントがそれぞれ変化したことを指摘した。次に医療情報の階層を示して、患者の毎日の経過記録から各科長による監査、修正に至るまで、各階 層がいわゆるPDCAサイクルで成り立ち、参照と評価の循環が医療行為の本質と指摘した。そして、NECと北里大学とのシステム更新の経緯を交えて、 「たった一つの新事実で治療のプランを変えることが多々あるように、ウォーターフォール型な医療行為はありえない」と述べた。最後に、2012年から本稼 働する北里大学の4病院を連携するシステムを一括更新する事例を紹介し、各病院の基幹システムを共通化によるシステム維持費用の削減効果を実証した。
続いて、木村通男氏(浜松医科大学)が「医療情報の歴史とこれから目指すべきもの」と題して講演した。
展示会場では、電子カルテシステム「MegaOakHR」シリーズのほか、スマートフォンやタブレット端末も展示され、来場者の注目を集めていた。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る