コニカミノルタ、「Dow Jones Sustainability World Index」構成銘柄に2年連続で採用

category:取材速報
2013.09.17
  
コニカミノルタ、「Dow Jones Sustainability World Index」構成銘柄に2年連続で採用
経済側面の取り組みがセクター内で最高の評価

 コニカミノルタ(株)は、世界的に権威のある社会的責任投資(SRI)指標の一つ「Dow Jones Sustainability World Index」(DJSI World)の構成銘柄に2年連続で採用されたと発表した。

 DJSI Worldは米国のS&P Dow Jones Indices社と企業の持続可能性評価を行うスイスのRobecoSAM社が提示する株式指標で、経済・環境・社会の3つの側面から企業の持続可能性を評価するもの。今回、世界の大手企業2,500社を対象とする評価において、DJSI Worldには333社が採用され、日本企業はコニカミノルタを含む21社が組み込まれた。
 同時に、コニカミノルタは「Dow Jones Sustainability Index」のアジア・パシフィック版である「Dow Jones Sustainability Asia Pacific Index」(DJSI Asia Pacific)にも5年連続で採用。

 今回同社は、イノベーションマネジメント及び危機管理などの経済側面における取り組みが「コンピューター・周辺・オフィス機器セクター」の中で最も高い評価を得た。また、環境方針・マネジメントなどの環境関連の取り組みも高く評価されている。地球温暖化防止の側面では、コニカミノルタグループの枠を越え、サプライチェーン全体にわたるCO2排出量管理と削減活動を進めていくという。

 同社は、幅広い領域で環境配慮型製品を提供。省エネ性能や再資源化(リサイクル)のレベルを向上し続け、米国、ドイツなど、厳格化する各国の環境基準に確実に対応している。環境性能や環境負荷に対する国際的な要求の変化にいち早く応え、顧客満足度を高めた製品・サービスを創出すべく、商品企画の上流から開発部門と環境部門が密接に連携し環境技術の開発を推進している。
 また中長期のビジョンや計画に深く根ざした取り組みを図っており、2050年をターゲットとする長期環境ビジョン「エコビジョン2050」の実現に向けたアクションプランとして、2015年度までをカバーする「中期環境計画2015」、2015年度の目標達成を支える「3つのグリーン活動」を展開している。「コミュニケーションメッセージ『Giving Shape to Ideas:革新はあなたのために。』のもと、『社会に支持され、必要とされる企業』をめざして、事業に密着したCSR(企業の社会的責任)活動を推進し、社会の持続的発展に寄与し続けていく」と同社は述べている。

●お問い合わせ
コニカミノルタ(株) 広報グループ
TEL:03-6250-2100
URL:http://www.konicaminolta.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る