放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ -RSNA2015特設ページOPEN! » Blog Archive » PSP

PSP

取材製品情報

治療RIS

放射線治療管理システム「ARIStation RT」

 ARIStation RTは、放射線治療の業務フローに沿って設計された治療RISで、PACSや診断RISであるARIStationと連携して、各業務をトータルにサポートするシステムである。
 同製品は、直感的な操作で治療スケジュールを予約することができ、治療計画装置からDICOM RTプラン情報を取り込み、総線量、1回線量のほかEnergyや門数を自動設定できる。スケジュール管理は、休日や装置メンテナンスなど詳細設定が可能で、予約の変更にも柔軟に対応できる。
 また、治療情報の一覧表示と外部出力機能も特徴であり、依頼医がWeb上で治療医のカルテから治療経過を確認することが可能だ。また、予定線量と実際の照射線量の一覧や統計結果の出力にも対応している。
 このほか、ARIStation同様、バーコード認証による検査受付、患者の基本情報や安全情報の表示にも対応している。
 この度、陽子線治療、内部照射(HDR、LDR)にも対応できるようになり、より広いシチュエーションでの活用が可能となった。
engokbgkkcljjobl
ARIStation RTでは放射線治療の種類や予定線量などの治療情報を管理・確認できる。

RIS

放射線業務管理システム「ARIStation」

 ARIStationは、放射線画像撮影業務に必要な情報を正確・スピーディに伝達するだけではなく、画像撮影で重要である「安全に撮影できること」にも着目してさらに機能が充実。同製品は、患者の基本情報に加え、障害・禁忌・感染症といった情報は注意を促すように強調して表示され、安全情報表示を強化している。
 このほか、核医学検査薬剤の発注・廃棄といったRI薬剤管理、モダリティ始業終業点検といった医療機器管理業務、検査室内のインルームモニタで患者認証を行うことによる誤撮影リスク低減、各撮影室の受付状況や待ち時間をモニタ表示することによる待ち人数均一化といったことが可能だ。
 ARIStationの情報はHISをはじめ、検像システム、PACS、レポートシステムとの連携が可能で、円滑に情報共有を図ることができる。

lpimigemoaicmhmi
ARIStationでは撮影前に患者様の安全情報を確認可能。


DSC01853_

コーナー紹介

ブーステーマ

 PSPの展示ブースには、「ひとつのシステムのように」「PSPのシステムなら日々の読影を効率的におこない、研究にも教育にも活かすことができます」というコンセプトが大きく掲げられている。これは、自社製品のコンセプトのみならず、自社が培った技術を診断・治療の場だけでなく、次世代の医療者を育成していくという強い決意が感じられた。

adnnmigdiohbpejk
ブース全景


fhnbopigbpafdebo
ブースに書かれたメッセージ

ビューア

EV Insite R

 日々の読影からカンファレンスなど様々な場面で活用できる同社のビューアが、より快適な環境で使用可能となった。同ビューアでは、他院からの画像データは別のビューアで観察する必要がなく、同一ビューア上での表示ができる。他院からのデータも容易に読影できる環境を実現している。
 また、データ容量が大きいthinsliceの画像も効率的に管理でき、より多くの有用な情報のもと、読影や研究などにいかせる。



DSC01849


DSC01850
「他院」の表示で、一目で他院の画像と判別できる。「+」マークでthinsliceの画像の有無が分かる。

ブースインフォメーション

ITEM2017 PSP ブースインフォメーション
ブースNo.313

 
診断RIS「ARIStation」/治療RIS「ARIStation RT」
 撮影業務をサポートする診断RIS「ARIStation」は、スピーディに業務が行えるだけでなく、「安全に撮影できること」に着目して開発してきた製品である。患者ごとに異なる禁忌、感染症、移送方法などの情報は、注意を促すように強調して表示される。強化した安全情報表示をぜひご覧いただきたい。
 放射線治療管理システム「ARIStation RT」は、放射線治療に関わる情報登録・予約管理・受付処理・実施入力機能を搭載。外部照射(X線治療、陽子線治療)と内部照射(HDR、LDR)に対応している。簡単な操作で治療スケジュールの予約や変更ができ、統計結果の出力も可能である。業務ごとの専用画面とフローに沿った設計が好評をいただいている。
Print
ARIStationイメージ
 
 
PACS「EV Insite net」
 フィルムレス運用における画像管理の主軸として活用されている。読影用ビューアー「EV InsiteR」は、読影医の専門的な要望に応えながら進化を続けてきた。読影医だけでなく診療放射線技師や各診療科医にも直感的に使ってもらえるよう工夫を施している。
 ITEM2017では、最新機能を搭載したビューアーを展示する。
図2.PSP株式会社 EV Insite
EV Insite net
 
 
●セミナー情報
ランチョンセミナー11
「PSPでよかったPACSお気に入りベーシック機能 ベスト10!」

司会:陣崎雅弘先生(慶應義塾大学)
演者:片平和博先生(熊本中央病院)
開催日:2017年4月15日(土)
 
ランチョンセミナー24
「前立腺癌のMRI診断〜病理対比から学ぶ

mp-MRI診断におけるピットフォール〜」
司会:井上優介先生(北里大学)
演者:新本 弘先生(防衛医科大学校)
開催日:2017年4月16日(日)
 
皆さまのご来場をお待ちしております。
 
PSP
 
ITEM in JRC 2017ブース No.313 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る