ネットカムシステムズ

http://www.netcam.co.jp/

製品情報

ビューア

mammodite(マンモディーテ)

 読影現場の生の声を取り入れ、様々な独自機能を備えたマンモグラフィ画像診断ワークステーション。
 過去画像比較の操作を直感的に行えるようにシステムが作りこまれており、経年変化をワンタッチで表示できる。画像表示のレスポンスも早く、ユーザーに好評を博しているという。
 ビューアとレポート機能は常に連動。レポート画面側では電子カルテ情報を始めとした、すべての患者情報を一画面で確認することができる。レポートは、ほとんどがマウスクリック選択で入力できるため、コメント以外でのキーボード入力が必要なく、非常にストレスフリー。技師を含む複数人の所見作成フローを可能としている。
 
 

mammodite 左はレポート画面、右がビューア画面

 
 
 この他にも「読影」→「レポート作成」→「配信」というスムーズなワークフローを実現するためのユニークな機能が満載されており、まさに乳腺診断のためのAll in oneなシステムである。
 データ保管サーバには自動プリフェッチDICOM Q/Rを標準搭載。100%自社開発システムであるため、HIS/RISなど既存の院内システムとの連携やカスタマイズにも柔軟に対応している。
 
 

 
 2012年9月のリリースから約6ヶ月、クリニックから大病院まで導入実績は続々と増え続けているという。ITEM2013のブース展示では初日から多数の来場者が訪れていた。

ブースインフォメーション

【ITEM2013 ネットカムシステムズ ブースインフォメーション】
Bブロック
ブースNo.315
 
ブース情報
当社ブースでは、【「mammodite」ご体感キャンペーン】を実施します。
是非、この機会に次世代マンモグラフィ画像診断ワークステーションをご体感ください。
ご来場いただきましたお客様全員に、こだわりのノベルティをご用意してお待ちしておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
 
mammodite
(マンモディーテ)

マンモグラフィ画像診断ワークステーション「mammodite(マンモディーテ)」は、「読影」→「レポート作成」→「配信」が流れるように連動し、スムーズな乳腺画像診断のワークフローを実現する。徹底的にユーザ目線で開発しており、ビューアのスピード・所見レポートの使い勝手は他に類を見ないものとなっている。読影現場の「声」を吸収し、常に進化し続ける。それが、「mammodite」である。
 

 

ITEM in JRC 2013ブース No.315 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る