第7回首都圏消化器画像技術研究会(M☆GIT)・第17回消化管CT技術研究会学術集会開催のお知らせ

2018.10.16

第7回首都圏消化器画像技術研究会(M☆GIT)、第17回消化管CT技術研究会学術集会が連日にて開催される。
詳細を下記に記す。

第7回首都圏消化器画像技術研究会(M☆GIT)
日  時:2018年11月16日(金)18:30〜20:30(受付開始 18:00)
会  場:AP品川 京急第2ビル(高輪口)
〒108-0074 東京都港区高輪3-25-23
代表世話人:藤原正則(亀田メディカルセンター幕張)
参 加 費:1,000円
テ ー マ:大腸CT を中心に、消化器画像診断を広く“一緒に”学んでいく医療従事者のための研究会

事前登録は以下URLより(※m3.com への登録が必要)。
事前登録特典あり。
http://metropolitan-ctc.kenkyuukai.jp/event/index.asp?
取得予定単位:日本X 線CT 専門技師 認定機構/肺がんCT 検診 認定機構

プログラム:
◆共催メーカー挨拶
伏見製薬(株)
◆開会挨拶 「共通の前処置のために」
藤原正則(亀田メディカルセンター幕張)
◆基調講演
司会:萩原芳広(栃木県立がんセンター)
「バリウム前処置を検証する~開発の舞台裏~」(仮)
満崎克彦 先生(済生会熊本病院予防医療センター)
セッション共催:キヤノンメディカルシステムズ(株)
◆第1 回CTC 技術協議会 ~Day1~ 前処置編“全国各地区研究会”から集めた画像を見ながら前処置に関する知見を共有します!
司会:鈴木雅裕(イーメディカル東京 遠隔画像診断センター)
セッション共催:アミン(株) / (株)AZE/富士フイルムメディカル(株)
◆閉会挨拶
黒羽克英(水戸済生会総合病)
◆情報交換会(消化管CT技術研究会 前夜祭)

————————————————-

第17回消化管CT技術研究会学術集会
日  時:2018年11月17日(金)11:00〜18:00
会  場:大崎ブライトコアホール
〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3F
代表世話人:坂本 崇 (済生会熊本病院)
参 加 費:1,000円
テ ー マ:大腸CT を中心とした、消化管画像検査に携わる医療従事者の意見交換とレベルアップを目的とした研究会

事前登録は以下URLより。
http://ctc-tec.kenkyuukai.jp/event/event_detail.asp?id=30648
取得予定単位:日本X 線CT 専門技師 認定機構/肺がんCT 検診 認定機構

プログラム:
総合司会 吉川秀司(大阪医科大学 関西BNCT共同医療センター)       
◆開会挨拶
代表世話人 坂本 崇 (済生会熊本病院)
◆当番世話人挨拶
山本修司(国立がん研究センター中央病院 検診センター)
◆一般演題 ①
座長:小林隆幸(北里大学北里研究所病院)
松井大樹(北福島医療センター)
◆ランチョンセミナー
共催:伏見製薬(株)
「もし!! 消化管造影職人がCTC を企画したら」
司会:鈴木雅裕(イーメディカル東京 遠隔画像診断センター)
宮崎武士(進興会立川北口健診館)
◆一般演題 ②
座 長 :長澤宏文(国立がん研究センター中央病院)
三原嵩大(東京メディカルクリニック)
◆第1 回CTC 技術協議会 ~Day2~  “標準化の前に、確認すべきこと”
司 会 :吉川秀司(大阪医科大学 関西BNCT共同医療センター)
鈴木雅裕(イーメディカル東京 遠隔画像診断センター)
共催:アミン(株)
“全国各地区研究会”から演者を集め、みんなでCTC の現状と課題を共有します!
◆講演 ①
司会 :平野雄士(小樽掖済会病院)
「CTC導入の軌跡~事務方が牽引した成功への10年~」
永田和也(済生会熊本病院予防医療センター)
◆講演 ②
司会:坂本 崇 (済生会熊本病院)
「大腸CTを真に普及させるために!~これからどうまとめるか!?~」
松本啓志 先生(川崎医科大学)
◆次回大会長挨拶
平野雄士(小樽掖済会病院)

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る