ピンクリボンシンポジウム2016 参加者募集

2016.08.01

無題

今年で第15回目を迎えるピンクリボンシンポジウム。
今年は「いっしょならきっと乗り切られる ~乳がんの最新治療と心のケア~」をテーマに、
乳がん体験者とそのご家族に向けて、専門医とゲストとお話しいただきます。

開催日:2016年10月2日(日)13:00~17:00 (開場12:00)
会 場:有楽町朝日ホール(千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11階)
会場地図:http://www.asahi-hall.jp/yurakucho/access/index.html
定 員:700名(抽選/参加費無料)

~プログラム~

①講演 個別化に向かう乳がん診療
講師:昭和大学医学部乳腺外科教授、日本乳癌学会理事長
中村清吾先生

内容(予定)】
・乳がんの個性をどう見極めるか?
・乳がんの検診の個別化とは?
・乳がん個別化診療の最新動向

②講演「抗がん剤は効きますか?」にお答えします
講師:医療法人圭友会浜松オンコロジーセンター院長
聖路加国際大学臨床教授
渡辺 亨先生

内容(予定)】
・抗がん剤の効果とは何でしょうか?
・「効果の見えるかたち」での治療を選びましょう
・できること、できないことの区別が必要です

③講演 「一体どうやって乳がんであることを乗り越えていけばいいのか?」
講師:聖路加国際病院リエゾンセンター長・精神腫瘍科部長、
聖路加国際大学臨床教授
保坂 隆先生

内容(予定)
・乳がんになった「原因」を探すよりも、病気になった「意味」を考えよう
・どうしても生きていかなければいけない「理由」や「目的」を明らかにしよう
・「慈悲の瞑想」や他人のための「祈り」は、自分自身の免疫機能をあげる

④トーク 「一筋縄にはいかない この乳がんと、生きていく」
ゲスト:南 果歩さん(女優)
 夫で俳優の渡辺 謙さんの胃がん手術後、ご自身の乳がんが見つかった体験など、トーク 形式でお話しいただきます。
聞き手:山口容子さん(フリーアナウンサー) 

●お申し込み方法
下記を明記の上、★はがき、●FAX、または◆インターネットのいずれかでお申込みください。
①氏名(ふりがな) ②性別 ③年齢 ④郵便番号 ⑤招待状の送付先住所 ⑥電話番号(複数での参加をご希望の場合は全員の①氏名(ふりがな)②性別③年齢をご記入ください。)

★はがき送付先:
〒104-0061 東京都中央区銀座4-14-4-201「ピンクリボンシンポジウム」係
●FAX送付先:
03-5565-4669
◆インターネット:https://pro.form-mailer.jp/fms/553d8468103460

申込期間:
8月1日(月)~9月13日(火)必着

※厳正な抽選の上、当選された方には開催1週間前までに「招待状」を発送いたします。

●お問い合わせ
ピンクリボンシンポジウム事務局
TEL:03-5565-7095(平日/10:00~17:00、土日祝日を除く)
http://www.pinkribbonfestival.jp/event/symposium/tokyo.html

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る