「Radiology」誌が低容量前処置を用いた大腸CT検査の精度検証に関する多施設共同臨床試験をアクセプト | 放射線科情報ポータル Rad Fan Online(ラドファン オンライン) 医学出版社メディカルアイ

「Radiology」誌が低容量前処置を用いた大腸CT検査の精度検証に関する多施設共同臨床試験をアクセプト

2016.07.21

低容量前処置を用いた大腸CT検査の精度検証に関する多施設共同臨床試験「Diagnostic performance and patient acceptance of reduced-laxative CT colonography for the detection of polypoid and non-polypoid neoplasms: a multicenter prospective trial」
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr_view.cgi?recptno=R000007815
は放射線領域のトップジャーナルのひとつでImpact Factor 6.798の「Radiology」にアクセプトされた。

下記のように論文の引用が可能となった。

Utano K, Nagata K, Honda T, Mitsushima T, Yasuda T, Kato T, Horita S, Asano M, Oda N, Majima K, Kawamura Y, Hirayama M, Watanabe N, Kanazawa H, Lefor AK, Sugimoto H. Diagnostic performance and patient acceptance of reduced-laxative CT colonography for the detection of polypoid and non-polypoid neoplasms: a multicenter prospective trial. Radiology (in press).

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る