フィリップスエレクトロニクスジャパン、Parallel Imaging Symposiumを東京と大阪で開催

2015.11.10
(株)フィリップスエレクトロニクスジャパンは、RSNA報告を含めたParallel Imaging Symposiumを、12月12日(土)に大阪、12月19日(土)に東京でそれぞれ開催する。
詳細については下記を参照。

Parallel Imaging Symposium in Osaka

日 時 : 2015年12月12日(土) 受付13:30 開始14:00 - 17:00
会 場 : 梅田スカイビル 36F スペース36L
代表世話人 : 三木 幸雄 先生( 大阪市立大学)
プログラム
14:00-14:05 開会のご挨拶 三木幸雄先生(大阪市立大学)
14:05-14:15 フィリップス RSNA2015報告
14:15-15:15 第1部 Neuro imaging and science 座長 三木幸雄先生(大阪市立大学)
pCASLと4D-MRAの新展開 藤間憲幸先生(北海道大学)
位相を用いたMR画像の臨床応用 平井俊範先生(宮崎大学)
15:15-15:30 休憩
15:30-16:50 第2部 Motion-free・Fat-free・Distortion-freeの技術および臨床のメリット
座長 村上卓道先生(近畿大学)
Ingeniaの特性を活かしたアプリケーションの使いどころ 森本規義先生(倉敷中央病院)
TSE-DWI & MultiVaneXDシーケンスの特性を理解する 山城尊靖先生(箕面市立病院)
Release5.2が可能とした臨床に役立つアプリケーションの数々 片平和博先生(熊本中央病院)
16:50-17:00 閉会のご挨拶

Web申し込みはこちらからhttp://www.medical.philips.co.jp/community/
主催 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン

Parallel Imaging Symposium in Tokyo

日 時 : 2015年12月19日(土)受付13:30 開始14:00 - 16:50
会 場 : ステーションコンファレンス東京
代表世話人 : 今井 裕先生(東海大学)

Neuro imaging and Science

プログラム
14:00-14:05 開会のご挨拶 今井 裕先生(東海大学)
14:05-14:15 フィリップス RSNA2015報告
14:15-15:15 第1部 Neuro technique and clinical 座長 國松 聡先生(東京大学病院)
ルーチン + ASL
~臨床医が求めるもの、技師が提供できるもの~ 福澤 圭先生(虎の門病院)
MSDEによるMRNeurographyの展望 丹治 一 先生(北福島医療センター)
ASLの応用技術がもたらす一歩先の血行動態評価 藤間 憲幸 先生(北海道大学)
15:15-15:30 休憩
15:30-16:40 第2部 Neuroscience 座長 水村 直 先生(東邦大学大森病院)
位相情報の活用:PADREを中心に 丹羽 徹先生(東海大学病院)
大規模脳画像データベースから見る脳発達と加齢 瀧 靖之先生(東北大学加齢医学研究所)
16:40-16:50 閉会のご挨拶

Web申し込みはこちらからhttp://www.medical.philips.co.jp/community/
主催 株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン

大阪

東京

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る