国際モダンホスピタルショウ2012開催のお知らせ

250社の申込手続き完了

2012.04.27

 本年7月18日(水)~20日(金)の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)東展示棟を使用して開催する「国際モダンホスピタルショウ2012」【主催=一般社団法人日本病院会(会長・堺 常雄)ならびに一般社団法人日本経営協会(会長・茂木友三郎) 】 は、現在までに250社の申込手続きを完了、東1・2・3の3ホールを使用して、展示面積7,000㎡の規模で開催する。
 共同出展者等の登録を行うため出展者数は確定していないが、最終的には300社を超える規模での開催となる予定。
 同ショウは『いのちの輝きを!未来を創る健康・医療・福祉』をメインテーマに掲げ、〈医療機器、環境設備ゾーン〉、〈医療情報システムゾーン〉、〈看護ゾーン〉、〈介護・リハビリゾーン〉、〈健診・ヘルスケアゾーン〉、〈施設運営サポート・サービスゾーン〉の6ゾーンで構成される。
恒例の主催者企画展示として、今回は『ICTで拓く医療連携の未来』を、主催者企画展示と連動する企画展示コーナーとして「医療連携・セキュリティ対策コーナー」を設ける。 また展示コーナーとして、医療機器、環境設備ゾーンには「急性期医療支援コーナー」、看護ゾーンには「ナースウェア・メディカルウェアコーナー」、施設運営サポート・サービスゾーンには「医療継続(BCP)・環境(ECO)対策コーナー」、医療情報システムゾーンには「医用画像・映像ソリューションコーナー」をそれぞれ設ける。スポット展示として『チーム医療時代のメディカルフード』も実施する。
さらに、患者のケアに携わる方たちの様々な改善工夫・アイデアの作品を顕彰する特別企画『第5回こんなものを作ってみました! 看護のアイデアde賞』も引き続き実施。現在、応募作品 の審査を行っているが、その授賞作品の展示や受賞者の会場でのスピーチなどを予定している。
 出展者が自社ブースの展示だけでは十分に伝えきれない新製品・技術・サービス、ユーザー事例等の情報をより明確に、より効果的に発表する場としての『出展者プレゼンテーションセミナー』や、恒例の『ホスピタルショウカンファレンス』等も会期中、東京ビッグサイトで数多く実施する予定。
●お問い合わせ
一般社団法人日本経営協会
ホスピタルショウ事務局 山下
03-3403-8615
http://www.noma.or.jp/hs/2012/index.html 

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る