• トップページ
  • ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

ギブン・イメージング社、2012年第4四半期業績と通期業績を報告

 ギブン・イメージング社(NASDAQ: GIVN、イスラエル・ヨクネアム)は、このほど2012年12月31日を期末とする2012年第4四半期業績と2012年度通期業績を発表した。
 2012年第4四半期の総売上高は、前年同期の4,850万ドルに対して4,870万ドル。2012年第4四半期のGAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.4%に対して74.6%。2012年第4四半期の非GAAP(米国会計原則)ベースの売上総利益率は、前年同期の77.9%に対して76.1%だった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの営業利益は、前年同期の490万ドルに対して360万ドル。2012年度第4四半期の非GAAPベースの営業利益は、前年同期の710万ドルに対して700万ドルだった。
 売上総利益と営業利益はSmartPill Corporationの資産買収の影響により減少した。2012年第4四半期および通期の営業利益への影響額はGAAPベースおよび非GAAPベースでそれぞれ130万ドルと30万ドル。2012年第4四半期におけるSmartPillの売上高は60万ドルだった。
 2012年第4四半期のGAAPベースの純利益は、前年同期の560万ドル、1株当たり利益0.18ドルに対し、510万ドルと0.16ドル。2012年第4四半期の非GAAPベースの純利益は、前年同期の770万ドル、完全希薄化後1株当たり利益0.25ドルに対してそれぞれ3%増の790万ドルと0.25ドルだった。
 2012年第4四半期および通期の営業活動によるキャッシュフローはそれぞれ1,100万ドルと2,780万ドル。2012年12月31日時点の現金および現金同等物、短期投資および有価証券の総額は1億2,410万ドルだった。
 ギブン・イメージング社のホミ・シャミール社長兼最高経営責任者は「2012年は、GAAPベース、非GAAPベースともに記録的な純利益を上げることができ、大変嬉しく思っております。アメリカ地域の売上高は6%増と堅調でしたが、その他の国・地域では、長引くヨーロッパ経済の低迷、日本における商業戦略の変更による遅延、中国の売上減が売上高に影響しました。しかし、2013年はギブン・イメージング社にとって大きな転換の年になると期待しています。目標は2桁成長に戻すことです。消化管疾患の可視化、検出、モニタリングを可能にする製品ラインを包括的に取り揃えて市場を拡大することに加え、小腸用の次世代カプセル内視鏡となるPillCam(r) SB 3をはじめとする革新的な新製品も発表していきます。PillCam(r) SB 3は今年第1四半期内にヨーロッパで、今年後半にアメリカで販売を開始する予定です」と語っている。

 

●お問い合わせ
ギブン・イメージング株式会社
広報代理:株式会社ブレインズ・カンパニー
TEL:03-3496-1091
URL:http://www.givenimaging.com/jp/Pages/default.aspx

  • 企業・製品情報

    富士フイルム、内視鏡用処置具事業に本格参入 ドイツ内視鏡処置具メーカーmedwork社を買収

     富士フイルム(株)は、内視鏡用の処置具の開発・製造・販売を行っている、medwork GmbH(以下medwork(メドワーク)社)を買収する契約を2019年5月16日に締結した。今後、富士フイルムグループの100%子会社として新たにスタートさせる。これにより、富士フイルムは、内視鏡用処置具事業に本格参入する。
     内視鏡用処置具は、内視鏡と組み合わせて、消化管内に確認された腫瘍切除などに用いられる医療器具だ。消化器内科などで使用され、1回の検査・治療ごとに使い切る製品が大半を占める。患者負担が少ない低侵襲な内視鏡検査・治療はグローバルで増加しており、今後も処置具市場の成長が見込まれる。また、検査・治療方法は国や地域によって異なるため、製品ニーズの多様化が進んでいる。
     medwork社は、内視鏡用処置具を自社で開発・製造・販売している。拠点をドイツに置き、胆管や膵管、消化管の内視鏡処置に使用される製品として、結石除去やポリープの切除、生検※1用など、幅広い処置領域に対応した豊富な製品ラインアップと高品質を強みとし、欧州及び日本を含むアジア地域に提供している。欧州では、即日納入など、医療用製品に求められる迅速なデリバリーサービスに対応していることも高く評価されている。
     富士フイルムは内視鏡事業において、診断時の使いやすさと患者の身体的負担の軽減を追求した製品や、臓器の粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する機能「BLI(Blue Light Imaging)」、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示し、炎症の診断に役立つ機能「LCI(Linked Color Imaging)」などの画像強調機能を用いて微小な病変の発見をサポートする内視鏡システムなどを国内外で広く提供している。内視鏡用処置具については、低侵襲治療であるESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)用を中心に、使いやすさを追求した処置具を提供してきた。
     今回medwork社を100%子会社化することで、処置具の製品ラインアップを大幅に拡充する。さらに、富士フイルムがこれまでの内視鏡ビジネスで培ってきた各国の医師との関係を生かすことで、medwork社と、より市場ニーズに即した製品開発を実現し、それらの処置具を富士フイルムのグローバルな販売網を通じて、世界中に提供していく。
     富士フイルムは、今後もさまざまな医療現場のニーズに応え、検査の効率化と医療の質の向上、人々の健康維持増進に貢献していく。

    ※1 病変の一部を採って、顕微鏡で詳しく調べる検査。

    お問い合わせ
    富士フイルム(株)コーポレートコミュニケーション部
    TEL 03-6271-2000
    http://fujifilm.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon3
このページの先頭へ戻る