連載「Photo Library」第4回 JIRA会長2012年年頭所感発表会

category:Photo Library 連載
2012.01.16
連載「Photo Library」は、RadFan編集部が取材先などで注目したものを写真や動画で紹介するコーナーです。
第4回目は、JIRA会長加藤久豊氏の2012年年頭所感発表会の様子をお伝えします。 

  (社)日本画像医療システム工業会(JIRA)は、1月11日、KKRホテル東京(東京都千代田区)にて会長による年頭所感発表会を実施しました。JIRA会長、加藤久豊氏(富士フイルムメディカル株式会社取締役会長)は、医療機器の分野において新しい「萌芽」が出始めているとしました。
 1つ目は新産業の創出、2つ目は医療機器産業のグローバル化。3つ目以降は動画とともにご紹介します。

 3つ目は現在の薬事法において医療機器を取り扱うことの問題についてです。

「医療機器専用の法律の策定要望を提出している」とのことで、「医療ITがようやく市民権を得てきたため、医療ITも含め医療機器に適した規制や安心・安全対策や、低リスク機器に対するヨーロッパ流の自己立証・自己責任型の品質システム等、思い切った規制緩和を望む」と述べました。

 4つ目は東北震災復興で医療の重要性を再認識された点。

震災復興から新成長に繋げる東北モデルを事例として挙げ、高度医療を広域な地域連携により実現する「医療機器と医療ITによる医療の社会イノベーション-震災復興の課題解決を起点とした戦略展開の提案-」をJEITAと共同で進めていると述べました。
 同イノベーションでは、クラウド型電子カルテサービスの導入と国による共通電子カルテ情報の保管・管理を提案。将来的に、ITを活用した臨床知の構築と一般化による医療イノベーションを実現するため、国立臨床知分析・解析センター(仮称)の設置を提言しているということです。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る