ラジウム-223(Ra-223)治療について

category:要旨
2018.09.28

ラジウム-223(Ra-223)治療について

1)横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科 
2)横浜市立大学泌尿器科
三好康秀1)、河原崇司1)、上村博司1)、矢尾正祐2)

 Radium-223 (Ra-223)は骨転移巣に吸着しα線を放出することで効果を発揮する薬剤で、4週間サイクル、6
コース行うことで治療は完結する。骨転移のある症候性去勢抵抗性前立腺癌患者を対象にした第III相臨床試験、
ALSYMPCA試験においてRa-223はプラセボと比較して全生存およびsymptomatic skeletal event発現ま
での期間を延長することが示され、副作用もプラセボとほぼ同等であった。最近の試験結果からアビラテロンとの
併用は骨折リスク、死亡リスクが上昇するために避けること、骨折の予防目的でbisphosphonate や
denosumabなどを併用することが推奨されている。

 Radium-223 (Ra-223) which is an alpha-emitter, selectively targets bone metastases, was demonstrated
as life-prolonged agent for patients with symptomatic, bone-metastatic castration-resistant prostate
cancer in phase III clinical trial, ALSYMPCA study. Ra-223 improved survival and quality of life with
minimum toxicity. However, recent study suggested that Ra-223 combination with abiraterone/
prednisone should avoid because of increasing fracture risk or mortality. Moreover, bone modified agents
such as bisphosphonate or denosumab use during Ra-223 treatment were recommended for bone strength.

RadFan2018年10月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る